浮気は超濃厚接触・・・

新型コロナの報道で、濃厚接触者という言葉が流れていますが、これは感染する環境に居た人という意味のようで、一般的な濃厚接触とは違うようです。
しかし、不倫カップルの場合は、コロナにおいても一般的な意味合いにおいても超が付く「濃厚接触」と言わざるを得ません・・・
どちらかがコロナに感染していたら、間違いなく二人とも感染者になることでしょう。
今年の前半には、一時的に浮気調査の相談が減りましたが、最近では逆に例年より増えてきています・・
探偵にしてみれば仕事が増えていいのですが、不倫でコロナが広まるというのはいかがなものかと思ってしまいます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

熱中症は軽いうちに・・・

フラフラになるほどになってから、熱中症だと気付き、養生を始めたとしても、既に重症化が始まっていると言われています。
つまり動けない程の状態になってから休んだとしても、元に戻るどころか、そこからさらに悪化する場合が多いと言うことでしょう。
なので、まだ身体に余裕があるうちに、休息を取ったり、水分補給や身体を冷やす等の処置をするのが賢明です。
多人数で作業をしているような仕事だと、サボっているように見られると思って、限界まで我慢してしまう人も多いとは思いますが、倒れて救急搬送とかになるよりは、小休止をさせてもらった方が仕事の支障も少なくなるでしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

梅雨明け

ようやく梅雨が明けました。
七月いっぱい梅雨時期だったのは記憶になかったので調べてみましたら、2007年に8月1日に梅雨明けというのがありました。
今年は新型コロナの影響もあるので、余計に鬱陶しい梅雨だった気がします・・・
梅雨寒が続いていたので、冷夏のような錯覚をしていましたが、なんだか今年の夏は暑くなりそうで、暑さに慣れるまでは熱中症に注意しなければならなさそうです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

台風シーズンの浮気調査

台風シーズンは、悪天候の日に調査日が重なる場合がありますが、暴風雨の日は不倫カップルも会わない時がありますので
依頼者様のご意向で、調査日の変更は可能です。
最近の天気予報はかなりの精度となっており、該当する地域に台風が到達する日時はある程度読めますので、調査日の変更については相談して頂ければ柔軟に対応致します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

認知機能の低下・・・

タレントの蛭子さんが認知症の検査をして軽度の症状が見られると診断されました。
歳をとると、足腰だけでなく脳も老化して様々な疾患が出てくるみたいですね。
車の運転とかも危ないので、ある程度の年齢になったら免許証の返還をされたほうが良いと思います。
近所のスーパーやコンビニでも、高齢の方が車で車止めの鉄柱を倒してしまうという事案が発生しています。
何か言っている事がおかしい、話に整合性が無い、感情的になるとかの症状があったら、ご家族がサポートして対処しないと他人に多大なる迷惑をかけることになるかもしれません。
探偵業界も、高齢者の方のご依頼の場合、面談の時点や電話相談の時点で気を付けておかなければ、認知症の方の依頼を受けてしまう事になりかねませんので、注意するように指導されています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

予感的中・・・

いつになるかは分かりませんでしたが、今年も豪雨災害が起きるだろうなと予感していましたら、数日後に九州で大災害が起きてしまいました。
当たってほしくない予感が当たるのは、あまり気持ちの良いものではないですね・・・
災害は起きるものだと認識しながら、前もって備えておかなければならないと再認識させられました。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

豪雨災害・・・

単なる予感なのですが、今年も台風や大雨による災害が起きそうな気配がします。
去年は、大雨により当社も床上浸水を受け、そのダメージにより、事務所の改築を余儀なくされました・・・
新しい事務所は以前より高い位置に設置される為、去年程度の豪雨では大丈夫だと思いますが、すぐ近くに流れている河川が氾濫したらどうしようもありません。
こうなると一番良いのは高台に引っ越す事ですが、そんな余裕がある人はごく少数でしょう。
しかし、毎年のように被害を被るのでは、被害額を考えると頭が痛いところです。
去年は県央地区では、ホームセンターが屋根まで水没してしまい近隣住居も氾濫した河川水に埋もれてしまった場所もあり、台風シーズンはこれまでの認識で対応していたら、家だけでなく命まで危なくなると思われます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

口約束では・・・

今時、口約束で契約が成立すると主張する人が居るとは思いませんでした・・・
探偵業は、依頼を受ける時には必ず面談して書面での契約をする事が義務付けられています。
これは業法で定められているという面もありますが、双方が後々、契約についてトラブルにならない為のものでもあり、面倒でも必須にすべきことです。
業法で色々な縛りも出ましたが、真面目に営業している者としましては、逆に義務付けられた方が利点が多い部分もあります。
依頼人によっては、電話一本で、今すぐ調査現場に向かってほしいというものもあり、一昔前であれば、その時に調査員に空きがあれば依頼を受けて出動という事もありましたが、今ではほとんどの業者が無理と言うことでしょう・・・
浮気調査等においては、浮気している当日でないと疑わしい行動が分からないという場合があり、調査費の軽減の為に、今すぐ現場に向かってもらえないかという電話が入る事があります。
電話で料金のみ伝えて調査をして、いざ報告となると、そんな料金になるとは思わなかったとか言われてトラブルになる事例は多々あります。
契約を書面で結ぶのはトラブルにならない為に、双方にとってメリットしかありません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

危険なゴルフ・・・

ゴルフは、約8㎞を歩くスポーツで、ウォーキングと考えればとても身体にいいスポーツをいえるでしょう。
しかしそれは上手な人の話で、真っ直ぐに飛ばせない人は、あちこちに歩いて行かなければならないので、さらに歩数は増えることになります。
体力だけの話でしたらそれでいいのですが、ゴルフはとても緊張するスポーツであり、逆に緊張するからこそジャストミートしたり、小さなカップにパッティングが可能になるともいえます。
ただ、朝一のティーショットや、ここ一番のパッティングは、かなりの緊張度になり、心臓への負担は高まります。
若いうちはいいのですが、高齢者になると命に関わる急性の心臓麻痺や脳卒中を起こす可能性があり、毎年のように犠牲者が出ているのが事実です。
さらに昨今の夏の猛暑により、ゴルフで熱中症になる方も増えていますし、真冬のゴルフは上記のような身体の不調をきたす季節です。
ゴルフを趣味にしている探偵もいますが、仕事でゴルフ場に行く場合もあり、真夏と真冬のゴルフは対象者にやめてもらいたいといつも思います・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

事務所改装中につき・・・

築40年以上の建物で、昨今の猛烈な台風での床上浸水により、事務所を建て替えることになりました。
床上浸水をすると、汚染された水が浸入してきますので、とても不衛生になり匂いもなかなかとれません。
それでも掃除と換気を繰り返し、なんとか元に戻したのですが、毎年のように水害になる可能性を考え、これ以上の被害は耐えられないと決意しました。
以前の大きな建物ではなく、こじんまりとした事務所にする予定です。
なので、およそひと月ほど休業となります。
事務所が完成しましたら、心機一転頑張りますので、またご相談ください。
よろしくお願い致します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社