マスクの有効性

市販の使い捨てマスクは、医療用のよりも性能が落ちるのは理解できます。
ウイルスを100%ブロック出来ないし、繊維の間をウイルスが透過してしまう事も科学的な検証理論を聞けば納得できます。
しかし、だからといってマスクが全く意味の無いものという欧米人の思考基準と医科学関係者の理屈には疑問を感じていました。
単純に考えて、50%のウイルスがマスクを透過してしまったとしても、別の50%のウイルスはマスクが防御しています。
100%のウイルスを吸い込んだ時と、50%のウイルスを吸い込んだ時では、免疫の戦力が違うのは誰でも分かる事です。
新形コロナが流行り出した今年の春頃は、学者がマスクは大して効果が無いと言っていました。
とても疑問に思い、そんなはずはないと自分はマスクを着用しましたし、その他大勢の日本人が、そんな医科学的な理論を信じずに、ほとんどの人がマスクをして、これまで経過しています。
少し前に、マスク着用の実験結果が出て、細かい数値は別として、上記の理論通りに、全部のウイルスは無理でもかなりのウイルス量は遮断できるので、マスクは有効と報道されました。
確かに科学的な検証は必要だとは思いますが、そんな事をしなくても大雑把な理論で分かるような話だろうと、学者の頭の固さに辟易しました・・・

茨城県 探偵・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ