GPSはバッテリーの電力が・・・

車にGPSが仕掛けられているかもしれないという疑いをもたれた場合、そのGPSは永久に稼働はしませんので、GPSの交換か、外して充電のどちらかをしないとGPSを常時有効にできません。
ですから、長期に渡ってGPSによる監視をされているのであれば、何度も車に接触しに来る人間がいるはずです。
また、車内に取り付けられているというのであれば、車のドアを開ける事が出来る人間に限られます。
つまりメインのキーやスペアキーを手にすることが出来る人です。
古い車などはスペアキーを作られたらいつ何時でも車を開けられてしまいますが、最近の車はスマートキーなので、スペアを作られる事はほぼ無いので、車を開ける事が出来る人は身内か極身近な人という事になります。
また、最近ではコインサイズのGPSもあるようですが、小さくなればなるほどバッテリーの持ちは短期間になりますので、それこそ身近な者が何度も付け替えをしないとバッテリー切れになって機能しなくなります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社