危険なゴルフ・・・

ゴルフは、約8㎞を歩くスポーツで、ウォーキングと考えればとても身体にいいスポーツをいえるでしょう。
しかしそれは上手な人の話で、真っ直ぐに飛ばせない人は、あちこちに歩いて行かなければならないので、さらに歩数は増えることになります。
体力だけの話でしたらそれでいいのですが、ゴルフはとても緊張するスポーツであり、逆に緊張するからこそジャストミートしたり、小さなカップにパッティングが可能になるともいえます。
ただ、朝一のティーショットや、ここ一番のパッティングは、かなりの緊張度になり、心臓への負担は高まります。
若いうちはいいのですが、高齢者になると命に関わる急性の心臓麻痺や脳卒中を起こす可能性があり、毎年のように犠牲者が出ているのが事実です。
さらに昨今の夏の猛暑により、ゴルフで熱中症になる方も増えていますし、真冬のゴルフは上記のような身体の不調をきたす季節です。
ゴルフを趣味にしている探偵もいますが、仕事でゴルフ場に行く場合もあり、真夏と真冬のゴルフは対象者にやめてもらいたいといつも思います・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社