資料は捨てないで・・・

浮気調査をスムーズに行うには、対象者のデータが多いかどうかがキーポイントとなります。
ところが、あまりの怒りに、浮気相手はもとより、配偶者の写真まで捨ててしまう人がいて、たいへん困る時があります・・・
確かに、配偶者と不倫していた相手の顔は見たくもないでしょう。
また、裏切った配偶者の事も同じことでしょう。
しかし、容姿が分からないことには、対象者を特定してからの調査となり、余計な手間がかかると同時に余計な料金が発生します。
どれだけ怒りが頂点に達したとしても、せめて対象者の画像はとっておきましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社