順番は、探偵から弁護士へ・・・

浮気による離婚問題の解決への流れは、弁護士に相談してしまう前に探偵での調査をするのが賢明です。
なぜなら、弁護士などの法律家は、証拠が無いと何もできないからです。
また、間接証拠のような確たる証拠ではないものを提示した場合、その薄い証拠のみで裁判に持ち込んでしまう弁護士が居るので注意が必要です。
間接証拠とは、メールやライン等のやりとり、ホテルや飲食店の領収書等、不貞行為があったと直接的には証明できないもので状況証拠のようなものです。
この程度の証拠で裁判を行っても、時間は掛かるし、逆に不利益になる事も出てきます。
ですから、不確かな証拠で裁判を行われてしまう可能性がある弁護士に相談する前に、言い逃れのできない証拠を得る為に探偵に調査を依頼し、証拠を得てから法律家に相談するのが、確かな流れです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社