嫌がらせ等の近隣トラブルは・・・

近所の問題ある人物から嫌がらせを受けている、警察に言っても適当にあしらわれて解決できないという相談が入る事があります。
警察に被害届を出すと、証拠を掴む為の捜査が始まりますが、犯罪性があったとしても軽いもの、つまり軽度の嫌がらせなどでは警察はあまり動いてくれません。
これは個人間のトラブルにまで警察が介入していてはキリがないという事なのでしょう。
実際、これは当たり前と思われます。
一市民の口喧嘩や、些細な嫌がらせにまで警察が動いてしては重大犯罪が起きた時に支障が出ます。
なので、これらの軽微な個人間のトラブルの場合、どれだけ継続して被害を受けているかが重要になります。
被害を受けている人からみれば、今すぐにでもやめてもらいたい心情でしょうが、法的措置を取るには辛抱が必要なのが現実です。
ですから、嫌がらせが始まった初期の段階で証拠をとり、警察にも被害届を出しておくのが大事です。
いつから始まったのかが、警察にも記録が残るからです。
そして継続して証拠を残しておき、ある程度の期間が経過した時点で、今までの証拠を揃えて、告訴をしてしまいましょう。
それも弁護士等の法律家に頼んで行うとさらに効果的です。
ある程度の期間、被害を受けてきたという事実と証拠を揃えて、尚且つ法律家に適切な告訴状を作成してもらって提出すれば、警察は動かざるを得ません。
ただし、ストーカー被害や、加害者に精神疾患があるような場合、又は凶悪性がある場合等は、緊急を要しますので、証拠をとるのと同時に警察に相談しなければなりません。
命を失ってからではどうしようもないからです。
そうではなく、単に性格が悪く、意地の悪い近所の変人からの嫌がらせの場合は、前述したような対応が必要となります。
嫌がらせをする側の心理としては、相手の動揺している様子を見て楽しんでいる所もありますから、平然としていれば、嫌がらせも収まる可能性もあります。
しかし、証拠を揃えておくのが大事ですので、探偵にご相談下さい。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社