口頭だけでは・・・

浮気の疑いをもった時に、まだ証拠がないのに配偶者を問い詰めてみたら認めた・・・
裁判でも、本人が認めたらそれが事実として扱われますが、物的証拠が無いと、後から「実はやっていない」と言い出す事があります。
これは刑事事件でもよくみられる事です。
なので、刑事でも民事でも裁判になる場合、証拠を揃える事はとても大事です。
浮気による離婚問題は民事ですが、やはり証拠は大事です。
証拠があれば、自分に有利に裁判が進められますが、証拠がなく、相手の証言だけしかない場合、上記のように実はやっていないとか、最悪、自白した事実すらないと言い出す事も考えられます。
あまりにしつこく問い詰めるから、面倒なので自白したんだと言うかもしれませんし、証拠が無いのにどうやって証明するんだと逆に責められる事も考えられます。
各種間接的な証拠がそろっていても、確たる証拠がないと、のらりくらりと相手からかわされて、歯ぎしりを噛む悔しさを味わう事になります。
なので、浮気の疑いが出たとして、絶対に問い詰めたりせず、平静を装って、調査の依頼を検討しましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社