ICレコーダーの普及

「このハゲーーー!!」で自民党を離党した代議士がいますね・・・
このハゲーの音声はICレコーダーで録音されたもののようです。
音声は、100%ではありませんが、声紋鑑定等、または前後の会話の内容や外野の雑音等で、対象者自身の声かどうかは、ほとんどの場合特定できます。
なので、ICレコーダーで録音しておくという手段はとても有効です。
密室で自分が窮地に陥っている状態、例えばパワハラを受けている、暴力を受けている、脅迫・恐喝・強要等の刑法に触れる行為を受けている事を証明する為に、ICレコーダーは有効に活用できるアイテムです。
探偵の場合、行動記録のメモ替りに活用したり、聞き込みの時に使用したりする便利な機器ですが、一般の方も使い方によっては、日常で便利に使えるものであり、犯罪行為に巻き込まれた時の証拠取得として護身用の機器とも言えます。
例えば、会社の会議の内容を録音したり、学生なら授業を録音し、後で復習したりできます。
口約束の取引で、相手が信用できないようならば、録音しておいた音声が契約に値するものかどうか判断できるものとなったりします。
さらに前述したように、脅された時や詐欺行為を受けそうな場合等も証拠として音声を録音しておくと証拠となります。
中には、そんな風に録音しているのは卑劣な行為だという人も居ますが、普段から、やましい言動をしなければ良いだけの話なので、的外れな意見です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社