追突事故にあったら

停車中や走行中に後ろから追突された場合、軽い衝撃と思っていても、後から首や腰に損傷が出る事があります。
なので、事故の現場検証に警察を呼ぶのは当たり前ですが、その場でなんともないような感じがしても、病院に行くのが賢明です。
現場検証で、身体はなんともないと言うと、物損事故扱いになってしまい、数日後にむちうち等の症状が出て、人身事故になった場合、もう一度現場検証をしなければならず、とてもやっかいです。
事故当時は、気が張っていますから、少しの痛みは感じなくなっているので、気を付けましょう。
あまり時間が経過してから病院に行ったりすると、事故との因果関係の証明が必要になったりして、とても面倒ですし、被害者なのに補償してもらえなくなる可能性もあります。
また、事故の当事者同士の住まいが遠方だったりすると、再度現場検証に行くのは相当な労力と時間の無駄になります。
警察も一回で済ませてくれよと内心思っていることでしょう。
車内に居て衝突された場合は必ず病院へ行く事をおすすめします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

10年以上も正体不明の男と同棲・・・

自分の連れ子とも一緒に暮らしている内縁状態の男の素性を知りたいという相談が過去にありました。
十数年も同居している男が対象者です。
まず疑問なのは、十数年も素性を知らずに同居生活ができるものなのかということです。
しかし、話を聞くと、現実にそういった関係で長年一緒に暮らしてしまったというのです。
そろそろ正式に結婚をと言うと、話をはぐらかされるようで、おかしいなと思いだした頃に、男が腹痛で苦しんでいるのに、頑なに病院に行かないので無理矢理救急車で病院に連れて行ったところ、健康保険に未加入で、高額な医療費が掛かってしまったそうです。
真っ当な社会生活を営んでいる人であれば、病気になった時に備え、健康保険には加入しているはずです。
いよいよおかしいなと思って、男が乗っていて廃車になった車が駐車場にあったので、車検証等を確認してみると、使用者が別人になっていたとのこと・・・
こうなってくると、全てが嘘くさくなってきます。
それで依頼を検討し始めたと言うのですが、上記のような社会性の無い男と結婚して、以後、幸福な生活が出来るかどうかを考えたら、調査をするまでもなく、別れた方が良いのではないのかと伝えました。
別れる事を選択肢に入れて調査がしたいとのことですが、一旦保留で相談者は帰られました。
この案件のように、調べるまでも無くデタラメな人間であると認識できる場合、調査料金を払ってまで調査する意味は無く、関係を絶って新たな人生を歩んだ方が良いのではないかというアドバイスをするように当社ではしています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

詐欺師の才能

古今東西、詐欺師が絶滅することはなく、今現在も跳梁跋扈しています。
詐欺師に共通する点は、嘘が上手いという事です。
この技術は、生まれ持った才能としか言いようがありません。
探偵は、詐欺行為の被害者からの相談も多々受ける事があります。
そういった経験上からも、詐欺師の手口や行動を調査をする上で垣間見る時、これは才能以外の何ものでもないと感じ取れます・・・
最近はやりの「オレオレ詐欺」等は、人の感情を逆手に取った詐欺行為と言えますが、電話でのやりとりですので、マニュアルさえあれば、誰でもできますし、組織犯罪ですから、役割分担も出来ているのでしょう。
しかし、単独犯の詐欺師等は、自分自身の才能が無いと、努力だけでは中々難しいと思われます。
その中に、夜の街で働いている女性を食い物にする、いわゆる「ヒモ」と呼ばれる男が存在します。
これも、詐欺師の一種と言っていいでしょう。
男の弱い部分を見せたり、ある時は高圧的になってみたり、自分自身の身上も全くの嘘で固めて、女性が守ってあげたくなるような男を演じる詐欺師と言っていいでしょう。
互いの心が通じ合っているならそれでいいかという話ではなく、男からしたら女性はただ金を運んでくるマシーンでしかありません。
ごく一部に、専業主夫みたいなのが好きで、ヒモまがいの生活をしている男もいるようですが、基本的にはヒモとは女性を食い物にするダニのような生き物です。
もし、同棲している男の借金返済の為に、夜の街に出されているなら、今一度、男との関係を精査してみるべきでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

美貌自慢の不倫妻・・・

美しい女性と結婚し、幸せに見えるような家庭でも、その妻の美貌から陰惨な生活になることもあるようです。
自他共に認める美貌の持ち主の場合、自分の配偶者じゃなくても自分をチヤホヤしてくれるという意識が働き、ちょっとしたイザコザでも、すぐにあなただけが男じゃないというような態度を表す人もいます。
美人の場合、求婚されて結婚するケースが圧倒的に多く、結婚してやったんだという上から目線で夫を見ている場合があります。
この一線がある程度で越えてしまうと「不倫」という行為に走ってしまうのです。
男性からの浮気調査の依頼で面談をしていると、上記のような状況が不倫の原因のケースが多々あります。
美人と結婚したいとは誰もが思う事でしょうが、性格まで美人でないと、人生が台無しになってしまう可能性もあります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

誤解を生む探偵ドラマ・・・

またまたテレビドラマで、警察と一緒に推理する探偵ドラマが始まったようです。
探偵=推理+事件解決という図式がフィクションの世界では昔からあるようで、現実の探偵の実情はお構いなしで進行しています。
それでいいのです。
なぜなら、現実の探偵の日常をドラマ等にしたら、それこそ視聴率は最低になってしまうからです。
それに、探偵ほどグレーに活動している業種もなく、表だって現せない業務も多々あるものですから、それをドラマ等で世間に知らしめられたら困るという業界の現実もありますので、あまりリアルな探偵ドラマは作られても困りものです・・・
なので、フィクションの世界の探偵を一般の方達は楽しんで頂ければと思います。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社