順番は、探偵から弁護士に・・・

離婚問題の解決をするにあたって、離婚の原因である「不貞行為」の証拠は大変大事です。
しかし、物的証拠が無いまま、離婚に向けて弁護士に相談したり、調停や裁判に移行してしまう人がいます。
このようなケースの場合、ほとんどが間接的な疑い、つまりメールやSNSでのやりとりや、電話の履歴程度の事で配偶者を問い詰め、最悪の場合はDVにまで発展している事もあります。
弁護士に相談するのは、不貞行為の証拠が揃ってからです。
もしも腕の悪い弁護士だったりすると、証拠の無いまま裁判に持ち込まれてしまったりします。
適切な対応をしてくれる弁護士であれば、まずは証拠をつかみましょうと言います。
それから探偵の出番となるのですが、上記のように既に当事者同士でグチャグチャになっている場合が多く、こうなってからでは探偵もどうしようもありません。
ですから、浮気の疑いがあれば、まずは探偵に相談するのが先決です。
そして証拠が得られたら、弁護士などの法律家に法的措置をとってもらうというのが正しい順番です。
なので、法律家から探偵に仕事が回ってくるというのはごくわずかです。
探偵に調査依頼するのが先なのですから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社