金を払えばと居直られたら・・・

不貞行為は民事の問題ですから刑罰はありません。
ですから、解決法はいわゆる慰謝料という賠償金、つまりお金での解決となります。
あくまでも平均的な相場ですが、離婚まで至った場合、200~300万円
夫婦関係を継続するなら、50~100万円あたりだと言われています。
しかし、この相場には明確な規定はなく、あくまでもこれまでの事例を元に算出されているのが実情です。
この慰謝料ですが、金を払えばいいんだろうと居直られてしまったらどうでしょうか?
お金でしか解決できない民事の紛争ですので、それ以上の事は被害者側は何も出来ません。
浮気相手が、不倫している事を会社や家族、その他の人に知られてしまっても構わない。
慰謝料請求はどんどんしてください、払うものは払いますと宣言し、自分の配偶者と好き放題にやられてしまったら、どうしようもありません・・・
ただ、そんなにお金が有り余っている人がそこら中に居るわけもなく、こういった例はレアケースといえるでしょう。
しかしゼロではありません。
収入が少ないという事を理由に、高額な慰謝料は払えませんと宣言し、微々たる慰謝料を払いながら不倫を継続している女性の案件も事実当社でありました。
こうなると、もう始末に負えないので、早々に離婚して別の人生を歩むのが賢明でしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社