暗闇での撮影に実力の差が出ます・・・

Posted by on 2017.12.06. (水) | Tagged as: ■ブログ日記

探偵の撮影機材の主なものはビデオカメラです。
デジカメも使用しますが、デジカメの静止画より、ビデオカメラの動画のほうが、ブレも無く証拠力も高いし、撮影後に動画を静止画にする事も出来るので一石二鳥だからです。
夜間の照度が不足している時には、赤外線装置に対応した機種であれば、近距離なら撮影できます。
しかし、この近距離というのが曲者です・・・
対象者に近付くという事は、調査が見つかる可能性が高まる事になり、赤外線照射器が届く距離まで近付けない場合があります。
ではどうするのか?
何種類か対応策はありますが、原始的な方法では何らかの方法で照度を上げるというのがあります。
次に暗闇でも撮影出来る超高感度のデジタル一眼レフカメラを使用して撮影する。
もう一つは元は軍用だった暗視スコープを改良した暗視スコープカメラを使用して撮影するというものがあります。
照度を上げる方法は、暗闇にわざわざ行った対象者の場合、そこを照らしてしまっては不自然になりますので、不可能なケースがあります。
なので、暗闇でも撮影できるカメラの保有が探偵社には求められます。
探偵社の中には、予算が足りなくて購入できないのか、又は証拠映像の価値に誤った認識があるのかは分かりませんが、普通のビデオカメラしか持っておらず、証拠として使い物にならない真っ黒な画像を報告書として対象者に渡すというあきれた探偵も居ます。
夜の調査になりそうな場合、暗闇でも撮影が可能かどうか、依頼しようとしている探偵社に聞いてみると良いでしょう。
真っ暗でも撮影出来ますと言えないような探偵だったら、依頼は考え直したほうが賢明です・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

探偵は便利屋ではありません。

Posted by on 2017.12.05. (火) | Tagged as: ■ブログ日記

便利屋が探偵もやっている所は多々ありますが、探偵が便利屋をやっている所は少ないでしょう。
しかし、探偵を便利屋のように思われている方が存在するので困ります。
探偵の業務は広範囲にわたりますが、調査をするというのが前提となります。
調査業務以外の事は探偵業務ではありません。
先日、ある相談者から、反社会的組織の事務所へ一緒に行ってもらえるか?という問い合わせがありました。
もちろん、そんな業務はやっていませんと言いましたが、相談者はあきらめず、やってくれる探偵社を紹介してほしいと言い出しました。
当社では、知り合いの探偵にそんな業務を行っている所はありませんと電話を切りました。
便利屋が探偵をやっていて、何でも引き受けますなんて宣伝をしているので勘違いをされる方がいるのでしょう・・・
探偵は調査をする業者です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

クリスマス当日の調査は・・・

Posted by on 2017.12.04. (月) | Tagged as: ■ブログ日記

今年も12月になり、あと1か月を切りました。
24日はクリスマスイブです。
クリスマスは、日本では男女の最大のイベントのようになっており、当然不倫カップルも、クリスマスを狙って会おうとしますが、これには条件があります。
既に完全別居状態になっているか、別居はしていないが、かなり険悪な関係になっていて家族の団欒はもう無く、どれだけ遅く帰ってきても誰も文句を言わない環境の場合、現実にもクリスマスに早く帰れない仕事をしている環境でそれを裏手に取る事ができる等です。
何故かというと、完全に秘密裏に不倫をしている場合、通常の家族サービスは欠かせません・・・
クリスマスは、夫婦だけでなく子供にとっても楽しい日です。
家族が揃っていなければおかしい日です。
なので、変な疑いを掛けられないように、クリスマスの日は外す人が多く、これまでにもクリスマスイブに調査しても空振りだった事はたくさんありました・・・
なので、調査日の選定はクリスマスの直前の1週間以内のどれかの日を、又は余裕があるのであれば2週間以内のどれかの日を狙ったほうが間違いありません。
もちろん嘘をついてクリスマス当日に不倫相手に会う人も居ますので、断定はできません。
また、12月は調査依頼が込み合う時期で、どこの探偵も一番の繁忙期です。
調査員には限りがありますので、早めの調査依頼をされる事をおすすめします。
調査日直前のご相談の場合、予定でいっぱいになっていて、ご依頼を受けられなくなる可能性があります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

自分で浮気調査の気をつける事・・

Posted by on 2017.12.03. (日) | Tagged as: ■ブログ日記

自分で尾行や張り込みをしてしまう浮気調査は絶対にやらないほうが良いですが、その前段階で、間接的な証拠を得ておくチャンスがあれば、やっても良い調査もあります。
それは、車のナビの走行軌跡の確認やスイカの履歴で立ち寄り駅を調べる、ETCカードの履歴、クレジットカードの明細、そしてスマホの中身等です。
他にも色々ありますが、代表的なものはこれらであり、一番はスマホの中身といえるでしょう。
スマホの中身にはメールでのやりとり、通話履歴、LINEの書き込み履歴、それに撮影した写真等のデータが満載で、証拠の塊といえます。
内容によっては、スマホの中身だけでも確たる証拠となる場合もあるくらいです。
しかし、これらを調べる時には、絶対に見つからないという条件が必要となります。
まだ油断していて、スマホを無造作に置きっぱなしにして風呂に入るとか寝てしまう等の状態であれば、やってみる価値はありますが、少しながら警戒しているのであれば、危険を冒してまで調べるのはやめた方が良いでしょう。
見つかってしまった時の不利益を考えれば、わずかなチャンスでリスクを負うのは賢明ではありません。
チャンスが無いのであれば、配偶者の生活リズムのデータを付けておき、どういうサイクルで行動しているかを解析する事で、どれ位の頻度で浮気しているのか、何曜日が怪しいのか等を判明させておくにとどめておき、後はプロの探偵に行動調査を依頼するのが得策です。
見つかってしまってからでは、プロの探偵でも困難な調査になってしまうからです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

尾行は意外と大胆に・・・

Posted by on 2017.12.02. (土) | Tagged as: ■ブログ日記

素人と経験者の違いは、どの業界でもその経験値の差です。
探偵の業務の基本となる「尾行」も経験の差がものを言います・・・
もちろん基本的な技術の有無もありますが、どの程度の警戒をすれば良いのかというサジ加減が素人には分からないのです。
対象者に見つかってしまっては台無しだという事を認識するのは当たり前ですが、どの程度まで接近したら見つかるのか?
どの程度まで離れたら見失ってしまうのか?
これは意外と思われるかもしれませんが、からり接近して尾行しているのがプロです。
都心部で徒歩尾行で電車での移動だとすると、電車内やホームではある程度離れて監視しますが、移動となれば、真後ろにまで接近する事があります。
混雑している場所で、対象者から離れていては見失ってしまいますし、対象者からすれば、後ろに誰がいるかなど、全く気にしていないからです。
車両尾行においても、間に無関係の車を入れて、2台後ろから尾行するという高度なテクニックを披露するドラマや小説がありますが、現実はあまりしません。
そんな尾行では、信号で前の車に停まられたら、その前に居る対象車両を見失うからです。
なので、現実の探偵は、かなり大胆に対象者に接近しているものなのです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

検索サイトの広告枠は・・・

Posted by on 2017.12.01. (金) | Tagged as: ■ブログ日記

探偵の広告の主流は、昔は「タウンページ」でした。
いわゆる大手と呼ばれる探偵社は、タウンページの1ページ全体を使った大きな広告を出し、高額な広告費を払っていたようです。
※ この高額な広告費を回収する為に、調査費用は信じられないくらいの高額な請求になります。
しかも、当時は探偵業法が無かった時代ですから、経営者は同じなのに、別の探偵社を名乗り、複数のページに渡って数社の広告を出して集客していました。
どこのページの探偵社に電話を掛けても、大元は同じ所につながる形になり、現在は虚偽の広告を出しているとみなされることから、控えるようになったようです。
また、タウンページを見る人が減った事により、多大な費用をかけて広告を出す業者もかなり減りました。
ということで、現在の探偵業者の宣伝媒体の主流は、グーグルのような「検索サイト」に変わってきました。
検索サイトで気を付けて頂きたいのは、検索結果の上位に来ている業者で、下に「広告」と記載されてる所です。
これは検索サイトに広告料を払っているという意味で、地元の業者ではない場合が多く、前述したタウンページの広告と一緒で、高額な広告費を検索サイトに支払い、上位に掲載されるようにしています。
ですから、タウンページの場合と同じで、調査料金は高額になると思って間違いありません。
正確な検索結果の順位は「広告」と書いてある最後の業者の次からのものが、検索エンジンが解析した本来の順位です。
ここからの業者は、地元の業者が多く、料金も比較的安価であり、依頼者の要望にも細かく対応してくれる可能性が高いです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

動かないならヒートテック、動くなら・・・

Posted by on 2017.11.30. (木) | Tagged as: ■ブログ日記

じっと動かない張り込み・・・
微動だにしないわけではありませんが、ほとんど動きません。
そうすると、身体は熱を出しませんから、寒い時季は身体は冷えていくばかりです。
こんな時に重宝されるのが、防寒仕様の下着である俗にゆうヒートテック等になります。
身体と下着の間に体温のバリアーを張るような感じになり、体温を逃がさないようにしてくれます。
なので、動かない張り込みのような環境ではとても役に立ちます。
しかし、これがある程度心拍数が上がるような動きをする場合はどうでしょうか?
運動をすると、汗をかきます。
それは必要以上に体温を上げないようにする為の調節です。
動かない状態で体温を維持できるようなシャツを着ていながら運動してしまうと簡単に汗をかいてしまいます。
サウナスーツと同じ現象です。
となると、運動をやめると汗が冷えて、逆に寒くなってしまうのです。
なので、山登りをする人はヒートテックをやめたそうです。
上りは汗をかきながら上がっていくので良いのですが、下りはかいた汗が冷えてきて、凍えてしまうかららしいです。
探偵が冬に徒歩尾行を長時間するような場合、尾行が中断されて張り込みに移行した時に汗が冷えて寒くなります。
安くて便利なヒートテックですが、使い方によっては身体を壊すので、環境によって使い分けたほうが良いようです。
ちなみに、動かないときは保温、動いたときは熱を放出するという高機能なアンダーウエアも売っています。
値段は下着とは思えないような高さですが・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

季節の変わり目・・・

Posted by on 2017.11.29. (水) | Tagged as: ■ブログ日記

季節の変わり目は体調を崩すといわれますが、秋から冬が一番きついと思います。
寒暖の差が多く、まだ身体が寒さに適応していないので、最低気温の時間帯は、真冬の時より堪えます・・・
今の時季、深夜から明け方にかけての張り込みは、極寒仕様にしないと探偵は身体を壊します。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

聖人君子の裏の顔・・・

Posted by on 2017.11.28. (火) | Tagged as: ■ブログ日記

探偵をしていると、人の裏の顔を見る事があります。
その中でも、公の場では聖職者や教育者、又は先生と呼ばれる職業の人達の裏の顔を見せ付けられると、そのギャップに余計に失望します・・・
食えない坊さんだった頃から支えてくれた糟糠の妻を捨て、寺に出入りしている若い娘と不倫の末に再婚しようとする僧侶。
教師時代の生徒だった女性と不倫の末に、妻はもちろん親や子供も捨ててしまう塾講師。
葬式や法事で、お説法などと言い、仏教の教えを偉そうに唱えている男の裏の顔。
小中学生の前で、教科の講義の他に、道徳的な教育や人生訓を講じる男の裏の顔。
自分の事は棚に上げるというのは、まさにこのような事を言うのでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

LINE通話を利用した相手を判明させる方法

Posted by on 2017.11.27. (月) | Tagged as: ■ブログ日記

LINEの文字のやりとりも、通話の履歴も消してしまって証拠隠滅していると思っていても、メニューアイコンの「・・・」をタップして一番下の方にある「LINE Out Free」を開くと、電話アプリの方で履歴を消していても、LINE通話を利用した相手がズラッと出てきます。
両者を照合すると・・・
今現在、LINE Out Free」の履歴に無頓着な人が大半なので、まだ使える技だそうです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

« Prev - Next»