■ブログ日記

Archived posts from this Category

異常に調査介入してくる依頼人・・・

Posted by on 2019.6月.17 | Tagged as: ■ブログ日記

特別に込み入った調査でもない簡単な調査に、いちいち介入してくる依頼人がいました。
調査の資料を提供してくれるまでは良いのですが、調査方法や機材にまで口を出してきて、さらには対象のアパートの向かいの部屋を借りて調査しろと言ってくる始末・・・
依頼人が自分で物件を借りて、調査場所を提供するというならまだしも、探偵社に賃貸契約をさせようとしてくる図々しさ。
とても言い分を聞いていられないので、即座に契約を解除しました。
こういった依頼人の場合、調査中にも口出ししてきたり、頻繁に連絡をしてきたりして、調査に支障が出る事が考えられます。
調査中、調査後も契約上のトラブルになる可能性が高く、商売として我慢する価値の無いものです。
当社では、思考上問題のある依頼人との契約はしませんし、契約後にそれが判明した後は契約解除する事としています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


てきとうな事を言う弁護士にご注意を・・

Posted by on 2019.6月.12 | Tagged as: ■ブログ日記

弁護士業界は、弁護士の過剰問題により、食えない弁護士が出てくるようになってしまいました。
健全に営業出来ていた弁護士事務所も、仕事が分散される事により余裕が無くなり、新人弁護士を修行させる場を設けられなくなり、新人弁護士の行き場が無く、実務に疎い新米弁護士が自身の法律事務所を立ち上げるような事も出てきています。
よって、司法試験には合格したものの、実際の世の中の法律実務を知らないような弁護士が増えているのです。
トラブル解決を、探偵より先に弁護士に相談しようと考える事は別に悪くはありませんが、上記のようなペーバー弁護士に安いからと相談を持ち掛けると、てきとうな回答を言われ、ろくでもない状態になってから探偵社に相談に来られる方がいらっしゃいます・・・
例えば、メールやライン等のやりとりだけしか証拠が無いのに、それで裁判で戦えますとか言ってしまい、それで大丈夫だと思い込んだ依頼人は実際に裁判を起こし、争ってみたところ、この証拠では不貞行為がなされたとは言えないと言われてしまった案件があります。
裁判で争ってから、探偵に調査を依頼されても、対象者は警戒しているでしょうし、決着が付くまでは不倫相手とは会わないようにしている場合もあり、実務を知らない弁護士のせいで、勝てるものも勝てなくなるのです。
長年探偵をやっていると、離婚問題に強い弁護士と付き合いがあり、またその事例をたくさん見てきていますから、探偵の方が知識がある場合もあります。
法に訴える場合は、まずは証拠が必要です。その確たる証拠を掴んでから、法律家に相談しましょう。
確たる証拠が有りさえすれば、新米弁護士でもなんとかなるかもしれません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


地元の地の利

Posted by on 2019.6月.10 | Tagged as: ■ブログ日記

探偵選びの一つに、長く地域に密着している事があげられます。
最低でも同じ都道府県の探偵社を選びましょう。
できれば、同地域の探偵の方が色々と有利になります。
大手探偵社は、直営の調査員であれば、本部から派遣されてくるので、地方の地理や建造物に疎く、下見やネットの検索に時間を掛けなければまともな調査は出来ません。
しかし、地域に密着している探偵であれば、車のナビすら必要ない場合もあり、地の利を最大限に生かした調査が可能です。
近くの探偵だと、家庭の内情が漏れる心配をされる方がいらっしゃいますが、探偵には「守秘義務」が業法で定められていますのでご心配には及びません・・・
地域に密着し、10年以上の営業年数があれば、その探偵社は大丈夫です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


探偵を使うぞと言ってしまった?!

Posted by on 2019.6月.06 | Tagged as: ■ブログ日記

配偶者が浮気したので激昂し「探偵を使って証拠をとってやる」と言ってしまったという依頼者がまれにいらっしゃいますが、これは正直言わないでほしいものです・・・
警戒されてる状態での調査は、プロでも難易度が急上昇する案件になり、場合によっては調査不可能のケースも出てきます。
浮気されたショックで冷静さが失われていると思われますので、気持ちは分からなくはないのですが、何事も一旦冷静になる事が肝心です。
探偵を使うぞと言うのは最悪ですが、メチャクチャ問い詰めたり、スマホを取り上げたり、自分で尾行などの調査をしてしまうのもいけません。
疑われていて、見張られていると対象者が感じてしまうからです。
浮気の疑いがあるのなら、車のナビの確認や安全に見れるならスマホの履歴、ごみ箱のレシート等の確認程度にしておきましょう。
そこで完全に怪しいものが見つかったとしても、そこで激昂したりせず、探偵にご相談下さい。
言い逃れの出来ない証拠をお渡しする事をお約束いたします。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


被害から逃げた方の行方調査は出来ません・・・

Posted by on 2019.6月.02 | Tagged as: ■ブログ日記

何らかの被害を受けて失踪した方、例えば配偶者からのDVを受けて逃げた場合、又は婚姻関係は無いが、交際している異性からのひどい仕打ちに耐えられず逃げた等、相手からの加害からの逃避をしている人を探すことは出来ません。
探せないのではなく、探さないのです。
被害者を加害者の元へ戻す行為になるからです。
よく、逃げた妻を探してほしいという依頼の電話が入りますが、堂々と暴力を振るったので出ていかれたと言ってくる人が居ますが、法律というものがあるという事を知らないのか?と呆れます・・・
こういった単純な話なら、その時点でお断りなのですが、実際はDVなのに、話をでっちあげて、捜索してほしいと依頼されてくる知能犯も居るので注意が必要です。
一つ言える事は、自分の事を嫌になられて、どっかに行ってしまった人を、何故に無理矢理連れ戻そうとするのかという疑問です。
彼らなりの歪んだ精神がそうさせるのでしょうが、被害者側からしたらたまったものではないでしょう・・・
DV被害から逃げた人、ストーカーからの逃避で引っ越した人を探すような業務は、まともな探偵社では受ける事はありません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


また通り魔が・・・

Posted by on 2019.5月.29 | Tagged as: ■ブログ日記

大量の死傷者を出した通り魔事件が、また発生してしまいました。
犯人は自決して死亡・・・
被害者の方たちは、ぶつける怒りの場所も無く、気の毒でなりません。
こういった無関係の人を殺傷する通り魔は、最悪の八つ当たりだといえます。
八つ当たりをされた側は、なんの罪もないのに攻撃をされ、それで死亡なんて
まさに、浮かばれない死といえるでしょう・・・
死亡してしまった方には、極楽浄土に行けますように、念仏を祈るのみです。
南無阿弥陀仏

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


五月に真夏の暑さ・・・

Posted by on 2019.5月.27 | Tagged as: ■ブログ日記

ここ数日、まだ五月だというのに真夏日になっています。
急な気温の変化に、身体が付いていきません・・・
探偵は屋外の仕事が多いので熱中症に気を付けなければなりません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


探偵は何でも知っている?

Posted by on 2019.5月.26 | Tagged as: ■ブログ日記

探偵社に相談の電話をしてきて、あれこれ質問をされてくる方がいらっしゃいます。
調査に関する事柄であれば良いのですが、あそこの地域にはどれ位アパートがあるのか?とか
市町村合併前の旧名称は何だ?とか、これから調べなければ分からないような事を聞いてきて即答を求められる事があります。
あれを調べてほしいではなく、あれは何だ?という聞き方です。
いかに探偵といえども、ありとあらゆる事柄を暗記しているわけではなく、社内にある情報を取り出したり
無ければ外部から情報を得てくる形をとるのが通常です。
現実の探偵は、尾行や張り込み、聞き込みや関係当局からのデータ等から調査結果を出していくものであり
推理小説や探偵ドラマのように、頭脳明晰な探偵がありとあらゆる知識を元に難題を解決していくというのはフィクションの世界のものです。
誤解のないようにお願いしたいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


日中は黒は余計目立つ・・・

Posted by on 2019.5月.23 | Tagged as: ■ブログ日記

探偵の服装や車といえば「黒」と思われるかもしれません。
しかし、実際は真っ黒はあまり好ましくないのです。
探偵は空気の様な存在になって、目立たないように動かなければなりません。
そこに居たとしても、誰も関心を持たないような状況がベストです。
それには、服や車の色が問題になります。
そこで単純に黒と思われるかもしれません。
夜間であれば正解です。
しかし、日中はどうでしょう?
カラスは目まで黒い、真っ黒の生物ですが、カラスが居ればすぐに分かります。
つまり日中は、黒い格好は周りの景色から浮かんで見えてしまい、余計に目立ってしまうのです。
では、何色がいいのかと言いますと、グレー、つまり灰色です。
適度な濃さのグレーの服は、周りに溶け込んでしまうので、そこに居る事すら気付かれない事があります。
グレーはコンクリートの色や塀の色、舗装道路も年数が経てばグレーになっていきます。
なので、グレーは景色に溶け込める色なのです。
服や車の色としては、一番地味と言っていいでしょう。
しかし探偵には最適な色なのです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


悪天候の時は・・・

Posted by on 2019.5月.21 | Tagged as: ■ブログ日記

台風や低気圧による暴風雨、大雪、強風等の自然災害が発生する予報の場合、浮気調査は延期にした方が良い場合が多いです。
これまでの長年の経験から言っても、無理無理調査しても、空振りになるケースが多く、無駄な料金が発生するだけになります・・・
ただ、100%会わないというわけではありませんので、判断は依頼人様に委ねます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社


次ページへ »