去年の行動調査の内容を整理しますと、意外と、配偶者に対する浮気調査に対し、未婚の交際相手の浮気調査が多かったです。
さらに言うと、水商売の女性と深い仲になったという方からの調査依頼が多く入りました。
ざっくり結果から言いますと、水商売の女性は、複数の男性と関係を持っていたという結果がほとんどでした・・・
これは仕方がない事だと思います。
男性と接触する事が仕事ですから、お客さんとして繋ぎとめておくには、特別なお客さんと思わせようとするのは彼女たちからしたら業務の一環といえるでしょう。
冷静に考えたら分かる事ですが・・・
色恋沙汰になると視野が狭くなるのか、必死になって調査依頼されてくる方がいらっしゃいます。
中には、ホステスさんと本当に気が合って結婚まで発展する場合も存在しますので、100%無理とは言いませんが、彼女たちは仕事として、複数のお客さんたちとプライベートでもデートをしているのであって、本当の意味での恋愛感情は薄いというのが現実です。
これは浮気でもなんでもないので、彼女たちは自由です。
調査結果を聞いて、落胆し激怒する依頼者の方がいらっしゃいますが、それはお門違いというものです。
彼女たちにも生活があります。
もし彼女たちを自分のものにしたらかったら、彼女たちが望むだけの贅沢を一生させてやれるだけの財力が必要でしょう。
それが出来ないのであれば、彼女たちのその他大勢のお客さんの一人という存在だと認識せざるを得ません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社