ラブホテルやシティホテル、相手のアパートやマンションでの不倫ではなく、車で行っている不貞行為があります。
ラボホテルであれば、不貞行為の場所として認識されているので、問題はありませんが、それ以外は不貞行為と見なす為のそれ相応の条件が必要となります。
しかし、車での不貞行為がそのまま映像として証拠が取れれば、ラブホテル以上の間違いのない証拠となります。
ただ、問題はその撮影が困難だということです。
環境によっては簡単に撮影できる事もありますが、通常は車に接近しないと撮影できません。
まして夜間の暗闇であった場合は、赤外線装置やナイトビジョンのような特殊な撮影機材が必要となります。
その備えがある探偵であるかどうかは大事なところであります。
もしもある程度の照度がある環境でないと撮影出来ないというような探偵であれば依頼は止めておいた方が賢明です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社