浮気調査をする上で、依頼者様の下調べの情報がどれだけあるかで、調査の善し悪しが決まります。
もちろん、何も情報が無くても探偵は調べられます。
しかし、情報があればあるほど、依頼者様にはメリットがあります。
それは調査期間の短縮と調査費用の節約です。
そうなる為のどんな情報が探偵は欲しいのかと言いますと、怪しい曜日と時間帯等です。
これによって、調査日の選定がしやすくなり、調査の空振りが少なくなります。
気を付けて頂きたいのは、平静を装って秘密裏に下調べをする事です。
調べているうちに、探偵になった気になり、やりすぎてしまうと、それが見つかったら配偶者に怪しまれて警戒されてしまいます。
また、下調べには大きなメリットがあります。
それは調べているうちに、実は浮気はしていなかったという事実を知る事が出来る可能性があることです。
浮気をしていないのに浮気調査をする必要はありません。
という事で、ある程度、自分で配偶者の行動パターンを調べる事をしてから探偵と調査契約を結ぶのが良いでしょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社