2019611

Monthly Archive

浮気調査がメイン

201961130 | : ■ブログ日記

何かの業務に特化した探偵社でなければ、その業務の大半が、いわゆる浮気調査となります。
浮気調査といいましても、行動調査の一つであり、尾行や張り込みをして行動記録をとっていく調査です。
行動調査の中に浮気調査や素行調査があるということになります・・・
依頼される業務が、浮気調査ばかりなので、浮気調査限定の探偵事務所もあるほどです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

住所不定の人の居所調査は・・・

201951129 | : ■ブログ日記

住民票を残したまま居なくなる人がいます。
住所の転出や転入は義務でありますが、社会性を無くしても居所を知られたくない人は、新しい住所を登録しない場合があります。
これを逆手にとって、ストーカーから逃げるという方法もありますが、まともな社会保障を受けられないというデメリットがあります。
さらに携帯電話も持たず、銀行口座やクレジットカードも持たず、もぐりの会社で偽名で働いでいたりすると、こういう人の所在調査はほぼ不可能になります。
それでも出来ると言って、数百万円の調査料を前金で払う契約を迫る探偵がいますが、完全なぼったくりですので注意してください。
結局見つからなかったという結果で終わりにされますので・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

所在より証拠が先

201921126 | : ■ブログ日記

迷惑行為をする相手の住所の特定をする調査は、当社でも業務の一つになりますが、まずはその迷惑行為が事実である証明が必要となります。
例えば、ゴミを勝手に捨てていく者の所在を突き止めてほしいという依頼があったとします。
その場合、ゴミを捨てられたと証明できるものが必要です。
例えば、捨てられたゴミの画像ですとか、捨てている瞬間の画像や動画などがあれば最高です。
もしこういった証拠が無いのであれば、所在調査は不可となる場合もあります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

子供より大人の方が汚い・・・

201971124 | : ■ブログ日記

子供は、世の中のモラルや常識を知らない部分がありますから、ある意味本能で生きているとも言えます。
しかし、その常識的な事を踏まえてなおかつ、汚いことを出来るのが大人と言えるでしょう・・・
大人になると、汚いことも平気でやれなければ、青臭いと言われる事になります。
自分で汚いことをしておきながら、子供にはウソはつくなとか、人の物を盗ってはいけないとか、人の悪口は言ってはいけない等と正義感を振りかざします。
このような綺麗ごとを言っておきながら、自分は平気で悪行三昧をしているのが大人なのです。
探偵をしていると、この汚い大人を見続ける事になります。
ある有名な学習塾の塾長は、清廉潔白な指導者のように表では扱われていますが、調査をしてみると、女にだらしない薄汚いオッサンでしかありませんでした・・・
家庭を捨てて、若い女に走りながら、表向きはカリスマ塾長のような素振りをみせる・・・
最低ですね。
子供の頃、生まれながらに汚い根性を持っている子供を、まともな人間に育て上げるのが教育者の役割であるのに、自分自身が最低の生き方をしているのでは、話になりません。
これが現実の世の中なのです。
探偵をしていると、現実の世の中がどれほど汚いものなのかを見せつけられます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

オカルト的な調査・・・

201961123 | : ■ブログ日記

人知を超えた超常現象が起きた時、最後に頼りになるのは探偵と思う方がいらっしゃいますが、実のところ、それはただの妄想だったりします。
当社に限らず、探偵同士で雑談していると、この手の話が必ず出ます。
はっきり言うと、精神疾患の方が、幻覚や幻聴、極度の妄想により、見えないものが見えたり聞こえたりしているだけの場合があります。
精神疾患も重度のものから軽度のもの、その症状も様々のようで、医者じゃなければ見極められないといえます・・・
探偵には医者の心得はありませんから、病気の診断はできません。
重度の患者さんだと、言っている内容が支離滅裂なので、素人判断でも患っている方だと見抜けますが、軽度の方だと、話に整合性があるので見極めが困難になります。
なので、調査をしてみて、その結果を見ていただいて、現実を報告するのですが、ここから先が問題になります。
探偵は間違いのない証拠とする為に録画したり録音したりして、事実を証明します。
しかし、それに納得してくれず、改ざんされた画像だとか捏造だとかと騒ぎ出す場合があり、とても困ります。
悪徳探偵だと、さらに調査をしてみましょうと言って、病人からお金をふんだくったりしますが、真っ当な探偵社ではそんなことはしません。
なので、オカルト的な調査、つまり何か人知を超えた現象の調査の相談はお断りしています。
もし、それが本当の超常現象だったとしても・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

急がせない探偵を選びましょう!

201941121 | : ■ブログ日記

調査の相談をしただけで、すぐにでも調査をしましょうと急かす探偵社がありますが、これは営利主義の探偵社なので注意しましょう。
そういう所は、悪徳探偵の場合もあります。
調査をする時期は、その状況によって様々ですので、全てのケースで急ぐ必要はありません。
急がなければならない場合と、少し待った方が良い場合、どちらなのかを依頼者からの話の内容でよく検討してくれる探偵社を選びましょう。
確かに急がないとチャンスを逃してしまうケースはあります。
しかし、ろくに話も聞かないうちから「今すぐ調査をしないと取り返しがつかない事になりますよ」等と不安にさせるような事を言い、契約を迫るのが悪徳探偵の手口です。
悪徳とまでは言わなくても、依頼人の本当に利益を無視した、営利主義の探偵社といえるでしょう・・・
なので、面談時に状況の全体像を詳しく聞いてからアドバイスをしてくれる探偵社かどうか、これが優良な探偵かどうか見極められるコツです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

寒暖の差・・・

201931120 | : ■ブログ日記

探偵は、調査時の服装にはとても気を付けます。
特に気を付けるのは、目立たないような服装じゃなければいけないということ・・・
地味な、どこにでも居そうな恰好でなければいけません。
また、冬から春、秋から冬の季節の変わり目では、日中と夕方から夜にかけての寒暖の差が激しいので、夜用の防寒着が必要となります。
地方の探偵は車での尾行や張り込みが主なので、着替えを積んでおくことができますので、それほど問題ではありませんが
車を置いて張り込みをした時に、最初から長丁場と予想出来れば、持ってきた防寒着を、早く終わると予想して持って行かなかったときは
寒さで痺れたことがあります・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

怖い夜の張り込み・・・

201921119 | : ■ブログ日記

深夜の張り込みは、探偵の業務では当たり前のものです。
最近の深夜は、地方でも、外人がウロウロいていて、とても物騒です。
張り込み場所の選定は色々であり、その現場によって変わりますが、誰でも入れる公共性のある所が無難です。
調査対象者の家の近くに神社があり、そこの駐車場から監視できるのであれば、また、その神社の敷地に24時間入って良いのであれば、張り込み場所としては最適です。
ただ、前述したように、最近増えている外国人がたむろしたりしたら、そこは調査員にとってとても危険な場所になる可能性があります・・・
日本人とは文化や常識、感性が違う外人とは、モラルや善悪の基準が異なるので、性善説などは通用しません。
なので、外人がウロウロしている場所は張り込み場所として成立しません。
これは探偵だけの問題ではないので、一般の方たちも、夜間に外人が集まっているような場所には近寄らないのが無難です。
自分の身を守る事を第一に考えましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

家の新築やマンションの購入には気を付けましょう・・・

201911118 | : ■ブログ日記

ここ数年で増えているのが、あくまでも当社比なのですが
家を新築したり、マンションを購入した直後に、お嫁さんに離婚を切り出され、調査をしてみたら不倫していたという案件です。
単純に不倫されただけでもダメージがあるのに、数千万円の家のローンが残っている状態で、いきなり離婚しましょうと言われたら、頭が真っ白になるのではないでしょうか?
探偵はあまり個人の主観を表さないものですが、これはさすがに気の毒としか言いようがありません・・・
これからは、高額なローンを組むような財産を得る前に、配偶者の浮気調査をしておくという選択肢も考えなくてはならなくなるかもしれませんね・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

DV被害者の捜索は出来ません・・・

201931113 | : ■ブログ日記

配偶者からの暴力、つまりDV被害を受けている被害者が避難している場合、その場所を探す調査は受けられません。
これはストーカー被害を受けている、又はこれから受けそうな人の所在調査が出来ないのと同じ理由です。
DVもストーカーも犯罪ですので、その犯罪行為に加担する事になる調査は探偵には出来ません。
それを知っていないのか、又は知っていてもやってくれると思うのか、ストーカーやDVの加害者からの所在調査の依頼が入ることがあります。
もちろん、電話相談の時点や面談時に、上記のような兆候が見られる場合は、依頼はお断りしています。
しかし、巧妙に嘘をついて、所在調査をしてもらおうとしてくる輩も存在するので困ったものです・・・
探偵業法が出来る前は、どんな調査でもやってしまう探偵がたくさんいましたが、業法が施行されている現在は、営業取り消し等の処分があるので、真っ当に営業している探偵であれば、違法な調査は絶対にしません。
微々たる調査料金で仕事を失う事はできませんから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

次ページへ »