離婚後に前の夫とのトラブルが発生している方からのご相談が入る事があります。
話をお聞きしますと、ほとんどが、お金のトラブルのようです。
離婚時の口約束を信じ、公正証書等に離婚の条件を細かく正確に明記しなかった為に起きている紛争です。
憎しみあった夫婦の場合、一刻も早く別れたいと思う気持ちはあるでしょうが、弱い立場の女性は、後々の事を考えて、嫌でもきちんとした条件を法的な書面に残すまで終わりにしない我慢が必要です。
口約束は、そんな事言ってないと言われれば、それでお終いです。
なので行政書士や弁護士に、逃げられないような内容の離婚条件を明記した公正証書を作ってもらうのが大事です。
自分でも書面は作れますが、各種条件に必須な文言が抜け落ちてる事が多く、それを逆手にとって逃げられる事が多いのでプロに証書を作ってもらうほうが無難なのです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社