離婚紛争が起き、裁判に発展しそうな時は、法的な知識を得るために弁護士の所へ行こうと思うのは当たり前のことです。
しかし、離婚の原因、相手側の主張の真偽等の証明がなされない中での裁判は混迷になってしまう事があります。
裁判が始まると、相手側も警戒した素行をするようになり、自分に不利になる証拠は隠してしまうものです。
なので、弁護士の所へ行って早々と裁判の準備に入ってしまうのは得策ではありません。
気の利いた弁護士であれば、また離婚問題に強い弁護士であれば、お抱えの探偵を持っている場合が多く、裁判に持っていく前に探偵に調査をさせ、相手側の真実を掴んでから話を進める事でしょう。
しかし、勝とうが負けようが何の証拠もないままに裁判に持って行ってしまう弁護士がいるのでご注意ください・・・
使える弁護士なのか、使えない弁護士なのかを見分けるのは中々難しいものです。
一応は司法試験に合格した資格者ですから・・・
なので、まずは証拠収集をする為に探偵に相談して、調査をしてしまう事をおすすめします。
弁護士が代理人として出てくると、相手も身構えてしまいますので、その前の油断しているうちに、決定的な証拠をつかんでしまうのです。
そしてそれを持って弁護士の所へ行けば、鬼に金棒となり、裁判に発展したとしても有利に進める事ができることでしょう。
大体のケースでは、証拠を突き付けられた時点で相手は興参してしまう事が多いので、弁護士費用も抑えられます。
なので、何の証拠もないまま弁護士の所へ行くのはあまり賢明ではありません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社