今年は、浮気の疑惑の時点で配偶者を問い詰めたり、自分で調査して見つかってしまったり、険悪な関係になってから調査依頼をされてくる方が多かったように思います。
上記の事をしてしまうと、対象者は警戒してしまいます。
最悪の場合、調査をしてもどうにもならない状況になってしまう事もあります。
プロの探偵といえども、透明人間にはなれませんから、どうしても対象者の目に入る場所に姿を現さざるを得ません。
警戒してしまった対象者は、目に入ったもの全てを疑いますから、複数の場所に同じ人間が現れたら、調査は発覚してしまいます。
そうならないように大人数の調査員を配置することは可能ですが、莫大な調査料金になってしまいます。
なので、浮気しているのかな?というまだ疑惑の段階、又は間接的な証拠、例えばメールやラインの内容やその他の怪しい痕跡を見つけた段階で、探偵に相談されるのがベストです。
その後の生活態度や自身で出来る情報収集などを探偵がアドバイスをし、その後の調査本番に備える環境を作ります。
このように万全の態勢で調査に入れれば、本当に浮気をしている場合であれば、ほぼほぼ証拠をとらえる事は可能です。
自分で証拠を得るチャンスを無くしてしまわないように、浮気の疑いがあっても平静を装って探偵に相談しましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社