小学校の教師が、後輩教師に対して集団で暴行していた事が問題になっています。
加害者側は40台の女を筆頭に30台の男が数人らしく、教師という以前に何歳になって幼稚なイジメをしているのかと呆れかえります・・・
激辛カレーを顔に塗りたくる、新車に土足でのぼる、腫れ上がるほど尻を叩く等、その他にもどんどんと暴行行為が明るみに出ています。
これは通常社会では暴行障害の刑事事件ですので、今回ばかりは学校という治外法権的な対応ではなく、事件化して刑罰を与えるべきです。
本来、子供同士の傷害事件でも、学校の中での事ということで、学校や教育委員会の裁量に任せている事に問題があり、学校といえども同じ社会の一部として扱うべきなのですが、どうもこの辺りの感覚がずれていると思われます・・・
今回は、イジメ問題で教師の資質やモラルの低下が明るみに出ましたが、探偵としてはとっくにそんな事は分かっていました。
なぜなら、教師や学校関係者が対象となる浮気調査がかなり多いからです。
悪質なものになると、学校内で不貞行為をはたらいていたというケースもあり、職務上有り得ない行為です。
ある案件では、高校の体育教師同士がダブル不倫をしていて、学校内の体育教官室のような職員室とは別の密室で事に及んでいたという現実がありました。
今回は、被害者が心身ともに被害を受けているので、公に発覚したのでしょうが、実際にはもっともっと潜在的に隠れているはずです。
教師というのは大学を出たら、教師という格好でまた学校に戻ってきており、実社会での社会経験がありません。
なので社会常識が欠如した者も相当数いるのが現実です。
22、23歳程度の世間知らずをそのまま先生と呼ばせていいものかと思ってしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社