相撲の世界で「かわいがり」と称する、特別に稽古を付けるという意味の言葉があります。
これは、見所がある弟子に厳しい稽古をさせて、将来に向けて伸ばしてやろうという気持ちからのものです。
しかし、単なるイジメを「かわいがり」として行っている事も多く、公益財団法人となった相撲協会としては、かわいがりによる死亡者が出たりしている事から、暴力を排除する方針を徹底していると現在は言っています・・・
しかし、表向きはそうでも、相撲部屋の密室ではいまだに無くなってはいないと思われます。
相撲という特殊な世界では一般社会と考え方が違うので、理解しがたい部分もありますが、これが学校で、しかも教師間で行われていたとしたらどうでしょうか?
まともな人間として社会に出られるように子供を教育する側の教師がイジメを行っていたとしたら・・・
例の加害者側の教師の女ボスの謝罪文が公表されましたが、被害者の後輩教師を「かわいがっていた」という文言がありました。
どれだけズレた感覚なのでしょうか? 学校の職員室は相撲部屋とでも勘違いしているのかと呆れてしまいます。
後輩教師が早く一人前になるように厳しい指導をしたのなら理解できますが、集団でカレーを顔に塗りたくったり、尻が腫れ上がるほどひっぱたいたりする完全な暴力行為をこの女教師は「かわいがっていた」とでも言うのでしょうか?
そして体調が悪いと、加害者全員が休職している・・・
全員が同時に体調が悪くなって休むなんてありえるのか?
まったくもって教育現場というのは異常な世界としか思えません。
こんな連中に未熟な子供を教育できるはずがなく、教師失格は免れないと思いますが、顔も名前も出さず、またどっかの学校で教師をする事になったとしたらゾッとします・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社