最近の浮気調査の案件で、数件、警戒度が高度になってしまっているものがありました。
ほとんどが、浮気の疑いをもって、配偶者を問い詰めたり、自身で調査して見つかってしまったものです・・・
浮気してるだろ?と言われて「はいしてます」と言う人はごくわずかで、ほとんどが白を切ります。
そして、浮気がバレないように警戒し始めます。
また尾行や張り込みを配偶者にされているのを察知した場合も同じです。
このように、配偶者が警戒してしまってから探偵に依頼されても、標準的な調査では結果を出すのは困難になります。
調査員を増員したり、特殊な環境づくりをしたりして、大掛かりな調査になってしまいます。
最悪上記のような配置をしても警戒があまりに強いと、どうにもならない場合もあります。
こうならない為にも、浮気の疑いが出た時点で平静を装って探偵に依頼しましょう。
実際に浮気をしている場合であれば、簡単に証拠をとってこれますし、料金も安価に済みます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社