パワハラ被害の相談も入る探偵ですが、パワハラは社内の密室で行われることがほとんどですので、探偵の出番はほとんどありません。
しかしパワハラ対策のコンサルは可能ですし、証拠をとらえる為の器材の貸し出しもできます。
ただ、プロ用の器材でなくとも、ネットやアキバで市販品のレコーダーやカメラは売ってますし、ICレコーダーについては家電量販店に小型の良いものが安価で売っています。
長時間の録音や秘匿撮影とかになると特殊な器材が必要になりますが、それほど凝ったものを使用しなくても証拠がとれるケースがほとんどです。
特にICレコーダーについては、証拠取りだけの使用ではなく、一般の生活の中でも便利に使えるものですので、買っておくととても便利です。
探偵は、運転中でも行動記録がとれるように、昔からメモではなくICレコーダーを使用していて、無くてはならないものです。
最近ではペン型のものも売っていますので、背広やシャツの胸ポケットに指しておけば、パワハラの音声は簡単に取ることができます。
逆に最近ではICレコーダーを持っている人が増えてきていますので、自分の言動にも注意をする必要があります。
あまりにひどいパワハラの場合は、オフィスに置いてあっても不思議ではない秘匿カメラを仕込んで、画像で記録してしまうのが良いでしょう。
鬼か悪魔のような形相で自分に攻撃してくる相手の動画は、言い逃れのできないパワハラの証拠となり、撮られた側はどうすることもできないでしょう・・・
このように、 パワハラは自分で対処しなくてはなりませんので、探偵に依頼しても探偵の出番はほとんどありません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社