調査中に頻繁に連絡してきて、状況を知りたがる依頼人がおりますが、とても困ります。
電話やメールが来た時に、対象者に動きがあったら、撮影に支障が出る場合があり、依頼人自身に不利益になります。
まして尾行中に、どこですか? 誰と居ますか?と連絡されてきても、調査を完遂する為には無視するしかありません。
また、張り込み場所や尾行の方法など、プロの探偵に指図してくる依頼人も存在します。
先日などは、アパートの出入りを撮影するだけの簡単な調査に、向かいのアパートの一室が空き部屋なので、その部屋を契約してそこから撮影しろと言ってきた図々しい依頼人がいて、とても付き合いきれないので委任契約を解約させていただきました。
もちろん全額返金しました。
このように調査の邪魔をしてきたり、調査に口出ししてくる場合は、後々トラブルになる人が多いので、そういった兆候がみられる人の場合は最初からお断りしていますが契約後に発覚した場合でも解約は解除します。
どうぞ他所の探偵社にご依頼ください・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社