2019308

Monthly Archive

新しい趣味は浮気の兆候・・・

201930828 | : ■ブログ日記

今まで興味もなかったような趣味を急に始めたりした場合、それは浮気の兆候といえます。
これは一つの例ですが、中年の女性がバイクの免許を取りに行くなんてのは顕著な例といえるでしょう・・・
50歳にもなる女性が、今までバイクのバの字も口に出さなかったのに、教習所に免許を取りに行って
バイクを乗ると言い出したとします。
この場合、浮気相手の男性がバイクの趣味を持っていて、二人でツーリングをしたいという事になったと推測できます。
免許を取ってしまわないうちに、浮気相手と出会っているところの証拠をつかんでしまうのが大事となります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

初心者へのあおり運転・・・

201920827 | : ■ブログ日記

自動車学校を卒業し無事に免許を取得した、運転初心者は、一年間は初心者マークを付けて運転しなければなりません。
初心者なので、運転がまだ未熟ですから、用心深い人なら、あまりスピードは出しませんし、少しはヘマをしてしまうこともあるでしょう。
そういった初心者が同じ道路を走っている事を他のドライバーに知らしめる為に初心者マークがあるはずです。
なので、初心者マークの車がいたら、制限速度で走っていても、遅いと思わずにいたわってあげるべきでしょう。
そんな初心者に対してあおり運転をしてきた者が居たのでとてもびっくししました。
あおり運転が社会問題になっている昨今、ニュースを見ていないのか?と憤りとともにびっくりしました・・・
一般道だったのですが、極端に車間距離をとらずに後ろを走ってくるのです。
急ブレーキを踏まれたら追突してしまうような近さでした。
危ないのでハザードを付けさせて、追い越していってもらうようにしましたが、その後、あおり運転がどれだけ危険か、ベテランドライバーの自分が運転を代わってあおり運転をした車に同じ思いをさせてやりたくなりましたが、違法行為になるのでやりませんでした。
初心者だと思われるのが恥ずかしくて、初心者マークを付けない人もいる中、まだ未熟なのでこのマークを見たら、下手な運転は少しは勘弁してくださいとアピールしながら運転している者に対して、なんたる行為をしてくれたのか。
あおり運転の定義を確定するのは難しいのでしょうが、危険な運転をさせない為に、早急に法整備をしてほしいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

あおり運転・・・

201910819 | : ■ブログ日記

盆前からあおり運転の事件で騒ぎになっていますが、加害者がやっと逮捕されたようです。
事件現場が茨城県内だった事もあり、茨城県警が逮捕し拘留となりました。
この事件とは別に、一般論であおり運転について言えば、色々なケースがあると思われます。
ケースによっては、あおり運転されてもしかたがないような走行をしている為にあおられるという事もありますが、一時的にあおったとしても、執拗にあおり続けるのは異常です。
探偵は車両尾行をするのに、調査車両を使用しますが、その尾行中にあおり運転等をされてしまったら調査が台無しになってしまいますので、あおり運転をされないように気を付ける事にしています。
高速道路でいえば、追い越し車線には基本的に入らない、ゆずってほしい車両を見たらどんどんゆずってあげる、危ない運転をしている車両を見掛けたら近付かずに無視する等です。
一般道でいえば、ゆずるのはもちろんのこと、走行についてはスピード違反にまでならない程度の速度、つまり制限速度をちょっとオーバーする程度の速度は出して、円滑な走行環境に協力する、クラクションを鳴らさない等があります。
執拗にあおり運転を続ける様な頭の次元が狂っている人間とからまないように、近くに居たとしても向こうからスルーしてくれるような運転を心がけています。
あおり運転が大問題になった高速道路で両親が亡くなった事件においても、サービスエリアで変な場所に停車していた犯人に対してじゃまだと怒鳴ったのがきっかけでした。
このように相手が悪かったとしても、高圧的な物言いで対応してしまうと、相手が狂った奴であれば紛争になって、最悪、殺されてしまう事も現実にあるのです。
なんの心当たりがなくても、あおり運転をされる事はあるとは思いますが、よくよく考えてみましょう。
後ろを走っている車がイライラするような運転を自分がしていなかったかを・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

中長期の天気予報は出来ない・・・

201970818 | : ■ブログ日記

今年の夏は冷夏、今年の冬は極寒など、季節の気象予報は出来ません。
過去のデータを元に予想をするのでしょうが、あくまでも予想であって、途中で地球の環境がどう変わるか分からないので、当たるか当たらないかはギャンブルでしかありません。
であれば、過去のデータから言って、確率的にはこうなる予想が出来ます程度の話にしておけば良いのに、断言まではいかないにしても、予報として言ってしまうから、何だそりゃって事になるのです。
今年はほとんどの気象予報士が冷夏だと言っていました。
しかし、梅雨が明けたら、この暑さです。
普通に夏の暑さかと言えば、異常な暑さであり、完全に予報は外れです。
台風や大雨、晴天が続くなど、短期の予報はかなりの確率で当たってきています。
なら、それでいいじゃないかと思うのです。
博打のような、ずっと先の天気予報はすべきではありません。
どうせ外れるのですから・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

契約を急がせる探偵にはご注意を・・・

201970811 | : ■ブログ日記

浮気調査には、調査日の設定がとても重要です。
加えて、調査開始をいつにするのか?
緊急に調査をしなければならないのか、それとも少し様子を見た方が良いのか、対象者の行動パターンを解読してからの方が良いのか等、ケースによって色々です。
これらを密に考慮せずに、すぐさま契約して調査を始めましょうと言ってくる探偵社にはご注意ください。
営利主義なのは間違いなく、悪徳探偵かもしれません・・・
全く行動パターンが分からず、やみくもに調査をしてしまって、結果が出ずに予算が尽きてしまい、取れたはずの証拠が取れなくなってしまうという事は多々あります。
それは、依頼人を急がせて調査をしてしまった探偵の責任です。
依頼人がどうしても、今すぐに調査をしてほしいというなら別ですが、少し対象者の様子を見て、何らかの手掛かりを得てからでも遅くないケースと思われる場合は、少し時間を置いてから調査をしましょうと言える余裕が探偵には無くてはならないものだと思います。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

調査手法に口出しされるのは・・・

201920806 | : ■ブログ日記

調査中に頻繁に連絡してきて、状況を知りたがる依頼人がおりますが、とても困ります。
電話やメールが来た時に、対象者に動きがあったら、撮影に支障が出る場合があり、依頼人自身に不利益になります。
まして尾行中に、どこですか? 誰と居ますか?と連絡されてきても、調査を完遂する為には無視するしかありません。
また、張り込み場所や尾行の方法など、プロの探偵に指図してくる依頼人も存在します。
先日などは、アパートの出入りを撮影するだけの簡単な調査に、向かいのアパートの一室が空き部屋なので、その部屋を契約してそこから撮影しろと言ってきた図々しい依頼人がいて、とても付き合いきれないので委任契約を解約させていただきました。
もちろん全額返金しました。
このように調査の邪魔をしてきたり、調査に口出ししてくる場合は、後々トラブルになる人が多いので、そういった兆候がみられる人の場合は最初からお断りしていますが契約後に発覚した場合でも解約は解除します。
どうぞ他所の探偵社にご依頼ください・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社