配偶者の浮気の疑惑が発生し、それが確信に近くなった時、浮気の有無を問い詰めてしまう人がいます。
普通はこうなってしまう場合が多いのですが、問い詰める前に当社に相談される方もいまして、探偵としてはとても助かります。
問い詰めた場合でも、軽い感じで「浮気でもしてんの?」程度なら良いのですが、スマホの中身を見せろとか、探偵まがいの行為をされてしまうと、対象者の警戒度が高くなるので、その後で調査の依頼をされても、とても困難な調査になってしまいます。
さらには、探偵というワードまで出して言い争いをされてしまう方もおりまして、本当に探偵を使う事になった時の事は頭に浮かばなかったのかと残念になります。
警戒度が高くても、調査の人員を増やせば、なんとか調査は可能ですが、警戒していれば、浮気相手と密会する頻度も低くなったり、より巧妙になったりするので、調査した日に浮気してなくて空振りという事も何度も出てきてしまいます。
ただでさえ、調査員の増員で費用が上がっている所に、調査日数がかさんでいけば、莫大な調査費用になってしまいます。
普段から、浮気調査を依頼する時の事を考えて生活している人はいませんので、しかたが無いことではありますが、感情的にならずに、証拠をつかむ事が先決だということを知ってほしいです・・・
証拠さえ揃っていれば、どれだけ問い詰めてもかまわないのですから。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社