特別に込み入った調査でもない簡単な調査に、いちいち介入してくる依頼人がいました。
調査の資料を提供してくれるまでは良いのですが、調査方法や機材にまで口を出してきて、さらには対象のアパートの向かいの部屋を借りて調査しろと言ってくる始末・・・
依頼人が自分で物件を借りて、調査場所を提供するというならまだしも、探偵社に賃貸契約をさせようとしてくる図々しさ。
とても言い分を聞いていられないので、即座に契約を解除しました。
こういった依頼人の場合、調査中にも口出ししてきたり、頻繁に連絡をしてきたりして、調査に支障が出る事が考えられます。
調査中、調査後も契約上のトラブルになる可能性が高く、商売として我慢する価値の無いものです。
当社では、思考上問題のある依頼人との契約はしませんし、契約後にそれが判明した後は契約解除する事としています。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社