毎年のように愚痴をこぼしているのですが、探偵にとって天敵の夏がそろそろやってきます。
冬の寒さを心配して頂く事がありますが、夏の暑さに比べたら冬の方が防寒対策が出来るので、まだマシです・・・
夏は、これ以上出来ない薄着をしたところで、暑さはさほど変わりません。
唯一の暑さ対策はエアコンが効いている空間や日陰に隠れる位です。
しかし、車での張り込みの場合、エンジンを切っておく必要がある場合があり、熱帯夜の張り込みは地獄になります・・・
熱中症にならない為に、車の窓は全開にして、黒いネットを張る対策で毎年乗り切っています。
しかし、夏の恐怖は熱中症だけではありません。
それは吸血虫です。
夏は吸血虫が一番活動する季節でもあり、蚊や虻等の飛翔して襲ってくるものも居れば、ダニのように地面や雑草から体に付着してくるものもいます。
日本の蚊は感染症を媒介しているのは少ないのですが、ダニ、それもマダニに刺されると、運が悪ければ、最悪死んでしまう病気になってしまう事があります。
地方の探偵だと、雑木林の中に潜んで張り込んで撮影する事もあり、ダニ除けのスプレーが必需品となります。
また、ハチや蛇も出てくる季節なので、ジャングルの中に入っていく時は、特に気を付けないといけません。
と、いうことで、今年もイヤ~な夏がやってきました・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社