調査対象者の住居や職場、調査の起点となる場所の「下見」は重要です。
それが例え地元の地域の調査であってもです。
下見をしておくと、張り込み場所の特定や、防犯カメラ、センサーライトの位置、近所の暇人がうろついているか等、重要な情報が事前に得られます。
また、調査当日になって、もっと良い張り込み場所が見つかる場合もあり、それは下見をしていたからこそなのです。
緊急の調査出動等の場合は下見は出来ませんが、調査予定日までに余裕がある場合は、必ず下見をしています。
大手探偵社に依頼すると、地元に調査員が存在しない場合があり、調査日当日にぶっつけ本番で調査をする事も多々あります。
そうなるとミスが出る確率が上がり、高い調査料金が台無しになる可能性が高くなります・・・
なので、地域に密着して営業している探偵社で、きちんと下見などの下準備をしている探偵社に依頼すべきです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社