浮気調査において、依頼者様が守って頂く大事な事は「平静を装う」事です。
調査期間中に、いつもと違う態度をしてしまうと「何か変だ?」と配偶者に疑惑をもたれる可能性があり、調査に支障をきたします。
なので、普段通りの自分で居てもらう必要があります。
まだ、浮気について問い詰めたりしていないのであれば、浮気の疑いがあるような素振りをせず、何も知らないという態度をしなければなりません。
たまに、我慢できなくなって調査期間中に問い詰めてしまったり、酷いのになると、調査当日に大喧嘩をして、浮気相手とも会えなくなるような状況を作ってしまい、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう方がいらっしゃいます。
また、後日の裁判に備える為に、数回の不貞行為の証拠を得るという計画なのに、調査現場に乗り込んできて、配偶者と浮気相手と取っ組み合いを始めてしまって、以降の調査が不可能になったケースもあります。
これらは全て自分自身に不利益になるしかない行為ですので、絶対にやらないようにしなければなりません。
ほぼ真っ黒の相手に対し、感情を抑えて平静を保つのは精神的にキツイのは当然ですが、これを乗り越えなければ、相手の思うつぼになってしまいます・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社