失踪者の行方調査は年間に相当数依頼が入ります。
しかし、何の手掛かりも無い場合、地道な調査しかできないのが現実です。
銀行口座が無いのでクレジットカードも無い、職も無い、友人も無い、携帯電話・スマホも無い、車はあるが、どこまで行ったか分からない。
住民票はそのまま、健康保険や年金の支払いもしていない。
このような世捨て人のような境遇の場合、車で遠方に行かれてしまったら、日本中をくまなく探すという現実的ではない調査をするしかなくなります。
警察であれば、Nシステム等を駆使して、車のナンバーを特定し、どこ方面に行ったか突きとめる事は可能ですが、もしかしたら単に短期の家出かもしれない人の家庭の事情に、いちいち介入して解決する必要は無いという考えなので、ほとんどの場合協力はしてくれません。
事件が絡むような話なら別ですが、家庭のトラブルで逃げ出したような失踪者を本気で探すことはないでしょう・・・
そこで探偵にという事になるのですが、探偵といえども、魔法のように失踪者を探し出すなんて、ドラマや映画でもなければ不可能です。
前述したように、手掛かりが薄い場合は、少しでも関係した人に聞き込みしていく事から始めるような地味な調査になります。
もちろん日数も掛かりますので、調査料金も莫大になってしまいます。
なので、遺書でも残して出ていったのなら別ですが、家出のような形で逃げるように出ていった場合は、少し様子を見るのが賢明です。
数日たったらひょっこり帰ってきたという案件も過去に何度もありました・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社