探偵は証拠としての記録を残すのが仕事ですから、職業病のように何かの情報を控えるようになります。
しかし、一般の方は、よっぽどの事でもない限り、こまめに記録を残すことはないでしょう。
浮気調査で、配偶者の浮気相手と直接対峙した時でさえ、車のナンバーや、氏名、住所等の記録をきちんと残さない方が多いものです。
浮気調査だけでなく、探偵の調査は、どれだけの情報が事前に揃っているかがカギとなり、料金にも影響してきます。
浮気相手が特定出来たら、車のナンバーを控えたり、直接会う事になったら、免許証を見せてもらって写真を撮っておく等、相手の情報を得ておく事はとても大事です。
浮気相手を目の前にして、言いたいだけ文句を言って、相手の名字だけしか聞いておかず、相手に逃げられてしまったというケースも過去にありました。
調査をするにも、名字だけの手掛かりでは、中々困難な調査になります・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社