テレビドラマや映画の探偵物では、企業や組織に潜入して情報を得てくるというものがありますが、現実には条件が整わないと不可能な業務です。
自社の企業に潜入してもらうのであれば、そこの社長や役員、人事部の人間が、潜入調査員に架空の履歴を与えて、中途入社のような形をとるこは可能です。
しかし、他社に社員として忍び込むような潜入の場合、それはとても難しくなります。
これを簡単に考えておられる方がマレにいりゃっしゃいまして、他社の悪事を潜入調査してほしいという事を軽々しく依頼されてくる事があります。
密室で行われている事は、その密室に入り込まなければ、知る事は出来ません。
密室に入るには、そこの関係者になるしか方法は無く、不法侵入して盗聴器を仕掛けるという荒業は犯罪行為なのでやれません。
ただ、過去は問わないというような会社であれば、適当な履歴書を作って、調査員を忍び込ませる事は可能です。
しかし現在は、ある程度の規模の企業になると社会保険や厚生年金に加入する義務があるので、その手続きで調査員だとバレてしまうのでほとんど出来ないと思ってよいでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社