依頼人様とご面談をし、調査計画を立てる中で、過去と現在の状況を鑑みて、今後の展開を推測するのは調査の基本ですが、推測はあくまでも予備的なものであり、実際に調査をしてみると、現実は違っていたということは多々あります。
なので、推測はある程度の所で切り上げないと、ただの推理の時間が過ぎていくだけです・・・
実際の現状を把握し、何点か考えられる予測をした後は、本番の調査の結果が出るのを待つしかありません。
これが現実主義のプロの探偵です。
いつまでも依頼人様と推理合戦のように、断定できない事を談義していても、意味の無い時間が過ぎていくだけです。
真実は、実際に調査をしてみなければつきとめられません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社