誹謗中傷のビラを自宅や会社に貼られたり、自宅の植木や花壇を荒らされる、玄関にゴミを捨てられるというような嫌がらせ行為は、隠しカメラ等を使用して犯行の証拠を押さえるのが基本となります。
これみよがしに防犯カメラを勧める探偵がいますが、これは最もやってはいけないパターンです・・・
監視カメラに気付いた犯人がそれで嫌がらせを止めてくれれば、防犯カメラを設置した意味は出てきますが、常にそうなるとは言えませんし、手口を変えて嫌がらせを継続されるのがオチです。
なので防犯カメラは根本的な解決にはなりません。
確たる犯行の瞬間を秘密裏に収集する事が大切です・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社