近所の異常な人間による嫌がらせを受けている方は世間には相当数いらっしゃいます。
当社へもどうしたら良いのかという相談が定期的に入ります。
こういった問題で真っ先に浮かぶのが防犯カメラでしょう。
防犯カメラを設置した事により、嫌がらせが止めばいいのですが、カメラに映らないような嫌がらせに変えてくる事があり、防犯カメラも絶対ではありません。
カメラを付けるのであれば、秘匿カメラを設置し、嫌がらせの犯人にカメラの存在を知らせずに犯罪行為をしている様子を何度も撮影するのが効果的です。
警察も証拠が無ければ動きませんし、回数が少ないと被害届も受理してくれません・・・
しかし、度重なる証拠が存在していれば話は違ってきます。
どうしても動いてくれないような時は、犯人の住所氏名を調べて法律家に告訴の手続きをしてもらいましょう。
警察は法律家が出張ってくるのをとても嫌がります。
ただし、嫌がらせ程度では大した罪にならないので、根本的な解決にはならない場合もあります。
それよりも逆に、嫌がらせをしてくる相手の素性を隅から隅まで調べ上げ、自分はあなたの事を全て知っているんだと伝えた上で、秘匿カメラで得た証拠を突きつけると相手を恐れさせる事ができます。
証拠を取得すると同時に、相手の素性を丸裸にする。これが探偵の近隣トラブルの解決法です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社