文科省という教育行政のトップ機関の中でさらにトップに最も近いと言われていた男が裏口入学で摘発されました・・・
教育関係者の裏の顔は、探偵をしていると、多々見せ付けられますが、その教育行政の頂点に近い男が受験を不正に行わせたというのでは、いかりや長介が生きてたら「だめだこりゃ」と言っていた事でしょう・・・
しかし、合格ラインに届かない学力しかない者がそのまま医者になってしまわなかった事は良かったと思いますが、恐らくは内部告発での発覚です。
これは氷山の一角で、これまでにも医者のレベルに無い者が医者になっているケースは相当数いるのではないでしょうか?
人の命を左右する仕事です。
医学部の入学については、特に厳正にしなければならないはずです。
告発者も、そう思っての事だったのではないかと思います・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社