夏は探偵が一番嫌な季節という事は毎年のように言っていますが、探偵でなくとも、近年の暑さは昔とは比較にならないので、注意が必要でしょう。
連日のニュースで熱中症で搬送という報道がされています。
先日は小学校1年生が熱中症で亡くなるといういたましい事態になってしまいました・・・
メディアや気象庁が強烈な暑さなので注意するようにと、連日のように連呼しているのに、幼い子供を預かる学校、教師がそれに対応していないというのは大問題だと思います。
大人でも全国で数千人が熱中症で病院送りになっており、また高齢者や屋外での労働者にも死者が出ている事を考慮すれば、体力の無い子供はどうすれば良いか、自ずと判断は出来るはずです。
ここ数十年で夏の暑さは段違いに暑くなっています。
昔の自分の体験を現在に当てはめて判断してはいけない時代になっているという事を自覚しなければいけないでしょう。
事実、過去の夏の最高気温をたどっていくと、過去に遡るほど低くなっていきます。
30度を超える日が連日続くという年はあまりありませんでした。
今は30度を超えるのが当たり前で地域によっては40℃に達しそうになっているのが現在です。
気を付けましょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社