平年よりも極端に早く梅雨明けになってしまったようです。
ジメジメした梅雨は嫌なものですが、その後にくる猛暑も中々キツいものがあります・・・
特に探偵は夏が天敵となります。
冬の極寒を心配して下さる方が多いのですが、実は夏の方がキツいのです。
冬は着込んだりカイロを使ったりして暖を取れますが、夏は素っ裸になったとしても暑いものは変えられません・・・
日中の車内であれば、エアコンで凌げますが、夜間の張り込みだとエンジンを切るしかないので、熱帯夜の中、汗だくでの張り込みになります。
地方の場合は虫が入ってくので窓も開けられないのですが、それでは熱中症で死んでしまうので、昔は虫よけスプレー等で対処していたのですが、最近では車の窓に簡易的に装着できる網戸のようなネットが売っているので、それを使用して窓を開けられるようになりました。
一番大変なのは、日中の立ち張りです。
対象者は屋内のクーラーの効いた所で涼んでいますが、探偵は猛暑の中、外で対象者が出てくるのを待つという業務をしなければなりません。
という事で、探偵は冷夏になる事や短い夏になる事を望んでいますが、ここ数年、そんな年は無く、今年もまだ6月だというのにこの暑さです・・・
探偵じゃない方も熱中症には気を付けましょう!

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社