探偵社と調査の契約を書面で交わし、その他の書類も交付された後、それらの書面の保存には注意が必要です。
浮気調査の場合、対象者は配偶者ですから、まだ同居しているなら、なおさら契約書等の保存場所を考える必要があります。
これらの書類が配偶者に見つかったら、その時点で調査はオジャンになったと思ってもよいでしょう・・・
なので信頼できる親類等に預かってもらうか、独自の隠し場所を確保して保存するのが大事です。
親類といっても本当に信頼できる人でなければいけませんが・・・
どうしてもそういう人が居なかったり、隠し場所が確保できないのであれば、調査が終了するまで、一時的に探偵社が預かるという事も可能であり、これが一番安全かもしれません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社