なんらかの浮気の疑惑となるものが出た場合、ついつい配偶者を問い詰めてしまいがちになります。
ここで我慢して、探偵に調査を依頼するかどうかが分かれ道になる事が多々あります。
問い詰めてしまうと、配偶者の警戒が強くなり、不倫相手との会い方が巧妙になったり、尾行や張り込みを見破られてしまいます。
周りを見渡して、同じ車、同じ人間が、行く先々に現れれば、それは通常あり得ない現象ですので、探偵と疑われてしまいます。
これを回避するには、調査員を大量に投入して、代わる代わる違う調査員を接近させるしか方法がなく、莫大な調査費になってしまいます。
なので、問い詰めたり、自分で尾行などをして見つかったりする前に、平静を装い、配偶者が油断しているうちにプロに調査を依頼して証拠をつかんでしまいましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社