離婚は望んでいないが不倫はするという凄い猛者をたまに見かけます・・・
夫婦と言う関係性は残し、配偶者としての役割は果たしてもらった上で、外では別の相手とよろしくやる。
夫であれば、子供の面倒や家庭の事は妻に全部任せて、自分は自由を謳歌する。
妻であれば、生活費や養育費は夫に要求し、夫を単なる金づるとしか思わない。
いわゆる仮面夫婦というやつでしょうか。
このような仕打ちをされて、それに耐えられる人はそう多くはありません。
いずれ離婚する事になった時に、不貞行為の事実の証拠があるのと無いのでは、何事につけても雲泥の差になります。
本来であれば自分に何の非も無いのに、証拠が無ければ、自分に離婚原因があると言われたりします。
そうならないように、油断して不倫しているうちに不倫の証拠をとっておくと良いでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社