浮気の間接証拠、例えばラインの会話の内容等で、ごまかし切れないと思って自白する配偶者は存在します。
しかし、そういった間接証拠さえ見つけられないようにガードされてしまったら、決定的な証拠をとらえるしかありません。
そして探偵に依頼となった場合、探偵がまだ決定的な証拠を得られておらず、間接的な状況証拠しかない段階で、怪しい動きだけの根拠で配偶者に鎌を掛けて自白させようとするのは、大博打なので、自己責任となります。
掛けた鎌が正解で、事実を知られているという認識になり、自白する事も確かに考えられます。
しかし、問うた内容に誤りがあった場合、これは全て知っているわけではないなと思われ、自白どころか、極度の警戒をされ、後の調査が不可能になる可能性が大きくなります。
極度の警戒をされた対象者を調査するのは、プロの探偵でも困難を極めます。
少人数で出来たはずの調査を大掛かりにするしかなく、対象者に接近する調査員は入れ替わり立ち代わりに別人を投入するようになり、莫大な調査費を掛けざるを得なくなります。
そうならないように、依頼した調査全てが終わるまでは、平静を装って我慢するのが大事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社