配偶者の不倫を疑い、自分で尾行などの調査行為をしてしまう方がいらっしゃいます。
運良く、証拠が得られれば良いのですが、調査している事がバレてしまった場合は最悪です。
なぜかと言うと、対象者の警戒度が高くなってしまうからです。
警戒している対象者の尾行や張り込みはプロの探偵でも困難を極めます。
多くのスタッフを使い、同じ調査員が対象者に近付かないようにしなければならず、その分、調査料金も莫大になってしまいます。
なので、自分で調査してしまうという行為は、大きな賭けとなります。
なので最初からプロの探偵に頼んで、失敗しない調査をする方がリスクは少なくなります。
自分でやってみる価値のある調査は、配偶者の行動パターンの分析や、持ち物のチェック程度にしておくのが良いでしょう。
レシートの確認や車のナビの履歴、可能であればスマホの中身を見るというのもあります。
ただしこれらも慎重に見つからないように行わなければなりません。
用心深い配偶者であった場合は、行動パターンの分析程度にしておきましょう。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社