探偵には、探偵業法という法律によって規制されています。
また、業法があるからといって、特別な特権があるわけでもありません。
通常の一般人と同じように法律を守りつつ、調査をしなければなりません。
一つだけ業務の上で許されている事がありますが、それは尾行や張り込みは探偵の業務であって、付きまといやストーカー行為ではないので、許可されているといえるでしょう・・・
ただ、付きまといやストーカーを疑われるような探偵は、調査対象者から見破られているわけですから、その時点で探偵失格です。
最初から特別に警戒しているような対象者だった場合は別ですが・・・
それ以外は、法に則って動かなければなりません。
よく、盗聴器を仕掛けてほしいという依頼が入りますが、盗聴器を仕掛ける事自体が違法ですし、他人の家の中に入って取り付ける等はもっての外であり、住居侵入の犯罪行為ですから、やれるわけがありません・・・
玄関がオートロックのマンションも同様で、住人と一緒に侵入して通報される探偵も中にはいるようです。
これらの違法行為を除外して、合法的な方法により、不可能と思われる証拠や情報を得てくるのがプロの探偵です。
時代によって使えなくなる調査手法もあり、常に新しい調査技術を取り入れる努力が必要です。
しかし、どうやっても違法行為をしなければならないような依頼の場合はお断りするしかありません・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社