浮気調査の相談では、婚姻関係がある配偶者の調査だけでなく、交際している関係での調査の依頼も入ります。
独身者同士の調査もありますし、変わった所では、付き合っている男性には本妻が居て、自分自身が不倫相手であるのに、自分以外にも不倫相手が居るようで、2番だと思っていたら、本当は3番目だったかもしれないと、怒り心頭で浮気調査をしたいという案件もありました。
本妻から見たら、2番目も3番目も、夫の浮気相手です・・・
でも浮気相手自身からしたら、本妻の次かどうかの序列が気になる所なのでしょう。
この案件は、調査対象に反社会的組織の者が存在しないという誓約書に違反していたので、契約解除となりました。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社