離婚問題、慰謝料問題で、依頼する法律家、つまり弁護士ですが、選び方を間違うと、とんでもないことになります・・・
良いか悪いかは別として、依頼人の要望に最大限に応えるのが弁護士の業務です。
もちろん探偵も同じですが・・・
刑事事件は別として、離婚問題での慰謝料関係は、民事の手続きになります。
民事はお金での解決がほとんどですから、どれだけの金額を払わせられるかが法律家の腕と言えるでしょう。
相場かそれ以下の慰謝料を取ってくるなら弁護士でなくてもできるかもしれません。
しかし、法律のプロであれば、そこそこ相場以上の金額をもぎ取ってくるものです。
民事の被害者は、感情的にはお金を貰ったとしても許せないという心情があります。
相場の慰謝料を払えば、それで終わりだと加害者に思われて解決されたのでは納得いかない事もあるでしょう。
であれば、最大限の賠償金をもらってこそ、溜飲も下がるというものです。
それなのに、この案件の慰謝料の相場はこれ位ですと、面倒くさそうに早急に解決してしまおうとする弁護士が居るので困ったものです。
探偵社が付き合っている弁護士は民事に強い弁護士が多いので、特別に付き合っている弁護士が居ないのであれば、探偵社に紹介してもらうと良いでしょう・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社