2018703

Monthly Archive

調査員の数

201870318 | : ■ブログ日記

行動調査(浮気調査含む)の計画をするに当たって、調査員の数をどうするかは重要です。
ベテランの調査員であれば、1人で完結してしまう案件は多数あります。
しかし、例えば対象者の職場からの退勤が起点の場合で、勤務先が大きなビルの中にあり、出口が複数あるような場合、1人の調査員ではとても無理な調査となります。
場合によっては出口の数だけ調査員を一時的に配置させなければ対象者を捉える事はできません・・・
こういった例とは別に、簡単な調査であれば、1人でも調査は可能であり、どのような調査でも複数人の調査員を配置させるというような探偵社は調査料を高額にしたいが為の言い訳をしている可能性が高いです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

ストーカーは病気・・・

201860317 | : ■ブログ日記

ストーカーの被害者からの相談が入る事があります。
ストーカー行為は多種に渡り、付きまとわれたり、監視されたり、連続したメールやファックス、SNS上での連続投稿等があげられます。
男性のストーカーは、被害者に拒絶されると暴力にうったえる場合もあり、殺害されてしまうという痛ましい事件も起こり得ます・・・
命の危険もあるストーカー被害ですが、実は女性ストーカーの数の方が多いというデータもあります。
男性の被害者は、女性ストーカーからのシツコイ攻撃に対し、我慢してしまう傾向があり、不法侵入や凶器による攻撃等の行為をされるまでは表に出さない人が多いので明るみに出ないというのです。
しかし、ストーカー規制法が施行された事により、警察に相談される方が増加し、昨年1年間に全国の警察が把握したストーカー被害は2万件以上と言う驚くべき数字になっています・・・
警察庁では、ストーカーを特定の人物に対する依存症という病気ととらえ、専門医による治療を促す取り組みもしているそうですが、強制力が無い為、治療を始めたとしても逃げ出してしまう者も多いようです。
ストーカーは、薬物依存やアルコール依存とは別の買い物依存やギャンブル依存のような精神的な依存症で、関係依存と呼ばれるものです。
依存症は脳障害が原因の場合が多く、自分の意思では止められないので、異常に執着し続ける事になります。
精神が異常になっている人に対しての対処は一つ間違えると取り返しのつかない事になりますので、証拠を掴むなら探偵に、そして既に危機的な状況になっているのなら警察にすぐに相談し、守り匿ってくれる人を多数見つけ、身の危険を回避する事を第一に考えて行動するのが大事です。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

法律家の種類

201850316 | : ■ブログ日記

法律家と言いますと、真っ先に弁護士を浮かべると思われます。
検事も法律家ですし、判事である裁判官も法律家な事は一般的に知られているでしょう。
この他にも法律に携わる業界はありまして、民事や行政法に関する法律家などがそれに当たります。
例えば、司法書士や行政書士などがそうです。
これらの全てを業として行えるのが弁護士なので、法律家の代名詞となっているのだと思われます。
しかし、専門的な行政書類等を作成するのであれば、行政書士の方が専門家であり、弁護士よりも、早く安く処理してくれることもあります。
このあたりは、分野的なすみわけがあるとは思われますが、一般人にとって、分かり辛い事だと思います。
民事的な調査を探偵に依頼して結果が出た後、弁護士の紹介をお願いされる事がありますが、完全に代理人として動いてもらうのでなく、法的な書面でのやりとりであれば、行政書士に代書してもらったほうが安く確実な場合もあります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

守秘義務

201820313 | : ■ブログ日記

元より探偵には自主規制により守秘義務はありましたが、探偵業法が施行された事により、法的に義務付けられました。
なので、真っ当な探偵社であれば、個人情報の流出はあり得ません。
よく、この話が外に洩れる事はないですよね? と言われる依頼者様がいらっしゃいますが、業法がある以上、弁護士や医者と同じく、守秘義務により、外に洩れる事はありません。
なので、調査依頼をされる場合は、調査に必要な情報は、なるべく隠さずに伝えて頂く事が大事となります。
これまでの案件で、最初から伝えていてくれれば、もっと早く解決したのにというものは多々ありました。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

借金を踏み倒して失踪

201810312 | : ■ブログ日記

借金を返さずに逃げてしまう人は大勢居ます。
そういった方の捜索依頼が探偵には入ります。
夜逃げのように逃げてしまった人の捜索については、やっても無駄な場合もある事を依頼者に伝える事にしております。
住民票を残したまま、体だけどこかへ行ったしまった人で公的な手続きなど一切していない人の捜索は困難を極まります。
郵便物の転送依頼もせず、車の免許の書き替えもしない、健康保険の手続きもせず、もちろん年金も払わない。
銀行口座も使用せず、クレジットカードも持ってない、知人・親類とも全く接触してこない・・・
こうなると、調査は不可能ではないものの、かなりの長期戦になり、莫大な調査費となります。
貸したお金以上の調査費になる事も多分にあります。
となれば、調査する意味がありませんね・・・
こういった現実を伝えずに、調査費だけ取って見つかりませんでしたで終わりという悪質な探偵も存在するので、ご注意ください。
プロの探偵でも不可能な調査は存在しますし、不可能ではないにしても、費用対効果を考慮すれば、やっても仕方のない調査も存在します。
特に人探しにおいて、その傾向があります・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

金でのつながりでは・・・

201870311 | : ■ブログ日記

婚姻関係にある夫婦の浮気調査だけでなく、内縁関係だったり、愛人関係だったり、援助交際だったりする方からの浮気調査も入ります。
内縁関係は別ですが、それ以外は浮気であっても不貞行為とはなりません。
金銭を与える事によって成立している男女関係は、金の切れ目が縁の切れ目になります。
金が切れなくても、もっと多額の金がもらえる方へ、とっとと行ってしまうのが、金でしかつながっていない関係です。
最初は金だけでのつながりでも、後々、本当の愛情が出てくる事もあるのは確かですが、探偵に依頼されてくる案件においては、そうではないものばかりです・・・
愛人や援助交際の相手が、どこかへ逃げてしまった。
お金は払っているので、探してお金を取り戻したいという依頼があります。
調査して、相手の所在が判明したとして、お金を取り戻すことはできません。
もちろん、相手が返してくれれば戻ってきますが、そんな人はほとんど居ません・・・
さらに法的にも、愛人契約や援助交際は、公序良俗に反する行為とされ民法上の不法行為であり、契約自体が無効とみなされます。
さらに渡したお金を返さなくても法的に良い事になっています。
このようなリスクを冒してお金での男女関係をつくるのではなく、本当に愛情を持ちあえる相手を見つけてほしいものです・・・

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

結婚後の不動産購入は気を付けて・・・

201860310 | : ■ブログ日記

当社で扱った数件の浮気調査において、長期のローンを組んで、数千万円の住居を購入したり建てたりした直後に、奥さんに不倫されて離婚に発展したり、しそうになったりした案件があります。
家族で快適に暮らそうと家を新築したり購入したのに、妻と子供が出て行ってしまって、ローンの残った家に1人で暮らし、養育費まで払わされたのでは、旦那さんもたまったものではありませんね・・・
恋は盲目と言いまして、理性や常識を失ってしまう場合があるのですが、これは女性に多い傾向があります。
女性の浮気は、本気になってしまう場合が多く、それこそ家族の事などどうでもよくなってしまうのでしょう・・・
家を新しくするには高額な費用が必要です。
一括で払える人はそうそう居ないはずです。
夫にローンという名の借金だけ背負わせて、自分は他の男と次の人生をと考えられる精神には中々なれるものではないはずですが、これまでに何人かのそういった女性を見てきました。
怖いですね・・・
不動産購入前には、配偶者が不倫をしているか確認したほうがいいかもしれません。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

レシートや領収書の記録

201850309 | : ■ブログ日記

配偶者の行動の矛盾を突くのも浮気調査においては大事です。
仕事で出張だとか、休日出勤だとか言っておきながら、浮気相手と会っていたという事は多分にあります。
ではそれを証明するのはどうすれば良いのかといいますと、カレンダーや手帳に、出張や休日出勤と言った日を記録する事から始めましょう。
出来ればカレンダーが良いです。
カレンダーに書かれていれば、対象者が言ったことを立証できるからです。
そして、その日が過ぎて、可能であれば、配偶者のカバンや財布等から、レシートや領収書等を探してみましょう。
出勤している日に、全く別の場所のレシートがあったら、嘘の予定を言っていた事になります。
これを何度か続けてみましょう。
人によっては、同じホテルを使用する場合があり、レシートに同じ店で何度も飲み物や食べ物を2人分位買っていたら、付近のホテルを使用している可能性があります。
レシートは盗んでしまわずに、撮影して記録しましょう。
その場合、自分の家で撮影したと認識できるように、レシートと一緒に家を特定出来るものを背景に入れましょう。
グーグルの地図で立ち寄った店を特定し、近くにホテルが無いか調べてみましょう。
店の周辺にホテルがあったら、そこに行っている可能性があります。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

浮気の疑いのある行動パターン

201840308 | : ■ブログ日記

1.携帯電話にロックをかける。
 これまで携帯にロックをかけていなかったのに、ある日突然にロックをかけるようになったら怪しい。
2.深夜残業や休日出勤が急に増える
 もし給料明細を見られるなら、残業や休日出勤の手当てが入っているか確認すると良いでしょう。入っていなかったらかなり怪しい。
3.突然態度が冷たくなる
 これは急に優しくなるという逆の場合もあります。冷たくなる場合は離婚を考えているケースが多く、優しくなるのは家庭は壊さずに遊びで不倫 を続けたい場合に多くなります。
4.オシャレに気を使い始める
 急にオシャレになったりしたら、かなり怪しいです。自分を良く見せたいからです。女性の場合特に下着に変化があります。
5.自分でお金を管理したがる
 家計を共同で管理している夫婦が、急に別口座を作ったりして口座を分けようと言い出したら怪しい。
 浮気にはお金が掛かります。小遣い制では足りなくなった可能性が高いです。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

認めれば証拠は要らない・・・

201830307 | : ■ブログ日記

浮気(不貞行為)の決定的な証拠が無くとも、配偶者及び浮気相手が、浮気した事を認めれば、それで解決です。
しかし、ほとんどの場合、しらを切る事が想定されます。
全く証拠が無かった場合は中々難しいのですが、浮気相手が特定出来ていたり、不貞行為までの証拠は撮れていなくても、2人が接触していた日の行動を記録出来ていたら、自白を引き出せる事は可能です。
それには話術が必要となるのですが、ここでは省きます。
自白したら、それを認めたと事を証する書面や音声、出来れば音声入りの動画があると、後でそんな事は言っていないと言わせない状況を作れます。
なので、自白をさせている時にレコーダーや秘匿カメラ等で、自白の様子を録画しておくことをおすすめします。
ここで注意しなければならないのは、自白を強要したり、脅迫的な言葉を自分が使ってしまわない事です。
無理矢理言わされたという事になり、本当は不貞行為は無かったと、後でひっくり返される恐れがあるからです。
これは浮気相手に対しても同じです。
注意点は言葉以外に、話している場所と自分たちの人数というのもあります。
監禁や軟禁していると思われてしまうような、逃げられない場所で話し合うのは良くありません。
いつでも自由に立ち去る事が可能な場所、例えばファミレスや喫茶店等が良いでしょう。
そして自分たちの人数も、相手の人数と同じか、せいぜい一人くらい多い程度にしておかなければなりません。
大勢で威圧されたので、事実ではない自白をしてしまったと言われてしまうからです。
これらをクリアにして臨めば、不貞行為を認めさせる会話のテクニックで自白を引き出せます。

茨城県 探偵事務所・浮気調査|茨城 探偵 ステルスリサーチ 探偵社

« 前ページへ次ページへ »